サークルKサンクスの本格チョコクロワッサンを食べてみた

2016年4月11日 7:02更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

4月5日、サークルKサンクスから「カカオ63%チョコのクロワッサン」(155円)が発売された。「カカオ63%」とある通り、商品名からもチョコレートへのこだわりが伝わってくる同商品。サークルKサンクスの広報担当者は「通常は3カ月のところ、半年以上の開発期間を経て完成した自信作です」と胸を張る。

担当者のこだわりが詰まった自信作!「カカオ63%チョコのクロワッサン」(155円)

すべての画像を見る(3件)

ワンランク上のチョコクロワッサンがコンビニで買えるなんて、忙しい社会人にはうれしい限り!その味わいが気になった記者は、実際に商品を入手して食べてみた。

主役のチョコレートは、苦すぎない絶妙な甘さ加減。広報担当者によると、カカオのフルーティーな風味や旨味が引き立つ、ベストな配合率が63%なのだとか。クロワッサンとの相性も考えて、この数字に行き着いたそうだ。

チョコレートの量は一見少なく思えるが、クロワッサンのバターが濃厚なため、食べ終わるとちょうど良いバランスに感じる。ふんわりした生地と、しっとりとしたチョコレートによる、対照的な食感も魅力的だ。

広報担当者は、「ぜひコーヒーとの組み合わせをお楽しみください」とアピールする。朝食やランチ、おやつなど、日常のさまざまなシーンをちょっと贅沢に彩ってくれそうなチョコクロワッサン。新生活シーズンを迎えた今、おすすめしたい一品だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る