ことしで6年目。ピンクリボンフェスティバル08を開催

2008年9月29日 19:34更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

10/1(水)〜、乳がんの早期発見の大切さを伝えるピンクリボンフェスティバル(朝日新聞社など主催)を都内各所で実施。街のデコレーションやライトアップをはじめ、ウォーキングやシンポジウムなどのイベントを通じて、ピンクリボンにこめられたメッセージを伝えていく。

1980年代のアメリカが発祥のピンクリボン活動は、日本では00年ごろから専門医を中心に始まった。その本格的啓発キャンペーンであるピンクリボンフェスティバルは、03年の開催以来徐々にその規模を拡大。女性の20人に1人がかかるといわれる乳がんの検診を促すため、東京のみならず神戸や仙台でも開催する。

都庁やレインボーブリッジ、表参道ヒルズなどがピンク色にライトアップされる10/1を皮切りに、10/4(土)には乳がんを体験した山田邦子などを迎えた「ピンクリボンスマイルウオーク」が東京ミッドタウンを起点に実施。翌10/5(日)に有楽町朝日ホールで行われる「ピンクリボンシンポジウム」ではゲストにアグネス・チャンを迎える。

会場では限定スポーツウエアなどのグッズを販売。ハローキティやニューバランスのピンクリボン仕様モデルなどもWEBで購入可能。10月の間、街はピンク一色に染まりそう。【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る