ユニクロ「ヒートテック」、今年は7月に発売開始!

2009年7月22日 10:06更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨年、販売総数2800万枚という大ヒットを記録した、ユニクロの「ヒートテック」。機能性だけでなくデザイン性も注目され、「第21回小学館DIMEトレンド大賞の生活・健康部門」でみごと金賞を受賞した、人気アイテムだ。

そんな「ヒートテック」が、今年はなんと7/21(火)から発売するという。夏真っ盛りのこの時期に、あったか下着とはなんとも意外な気がするが、その理由とは?

「昨年は、『店頭に行っても売っていない』という状況も多々あり、お客様にはご迷惑をおかけいたしました。そこで今年は、隅々まで行き渡るよう、7月からの発売を決定したんです」(ユニクロ広報)

たしかに、売り切れで残念な思いをするより、今から買えた方がむしろ安心かも。しかもうれしいことに、昨年よりパワーアップしているというのだ。

「従来は、発熱、保温、吸汗速乾、抗菌、ストレッチ機能でしたが、今年は、静電気防止と形状保持機能が追加されました。また、アウターとしても使えるファッション性を高めたんですよ」(同広報)

もはや、下着というジャンルを超え、一つのカテゴリをつくりそうな「ヒートテック」。新バージョンは、女性用は「Tシャツ」や「キャミソール」バージョンを合わせ、全4種類。男性用は、「Tシャツ」や「タイツ」など、全6種類を発売し、秋以降もアイテムを投入していくという。ちなみに当初の販売場所は、北海道全店舗と全国の大型店舗、オンラインショップ。

今年の夏は、いち早くヒートテックで熱くなりそうだ。 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る