こだわりがキラリッ!ブリーゼには個性派グルメ店も登場!!

2008年9月26日 17:27更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ブリーゼブリーゼには、国内外の有名店以外にも、実力のある劇ウマグルメ店が入る。壱岐牛が食べられる店や、茶芸師のパフォーマンスが楽しめる飲茶の店まで、どこに入るか迷ってしまいそうな個性派ぞろいだ。

「香港海鮮飲茶楼」は、数十年の修行を積んできた料理長と点心師が腕を振るう、飲茶と中国料理の店。本場香港の飲茶の雰囲気を演出するために茶芸師が常駐し、九龍茶を注文するとユニークなパフォーマンスでお茶をいれてくれるのがこの店の目玉だ。

「一寸辛 choppirit(チョッピリッ)」は、韓国料理の「楽韓堂」がプロデュースする新業態。専売契約を結んでいる長崎の牧場から仕入れる牛肉や農家から直送される野菜を、ピリッと辛い料理に仕上げて提供する。なかでも、大阪ではここでしか食べられない、日本3大和牛のルーツとされる壱岐牛料理も楽しめる。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る