プラレール50周年で、品川が“プラレール祭り”状態に!

2009年7月29日 13:37更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年で生誕50年を迎えたプラレール。50周年を記念して発売された長さ50cmの電車型ロールケーキも大きな話題になっているが、この夏休み期間は多くの路線が交わる鉄道の要所でもある品川駅一帯で様々なイベントが開催される。気になるイベントをいくつか紹介すると…。

まず、グランドプリンスホテル新高輪では8/1(土)より「大鉄道博」が開催される。会場にはプラレールの巨大ジオラマが展開されるほか、ブルートレインの実物車両が展示されたり鉄道運転シミュレーターの体験もできたりと、鉄道ファンには垂涎ものの内容になっている。

また、すでに開催中なのが「トレインフェスタ」。品川駅を会場に8/2(日)まで開催され、前述のロールケーキやオリジナルパッケージの商品が各ショップから登場しているほか、プラレールつりなどのイベントも予定されている。

さらに、8/29(土)までキヤノンエンジョイフォトパークin品川でもプラレールのジオラマが展示され、写真撮影できるほか、オリジナル携帯ストラップや絵ハガキを作ることができる。入場料および体験の参加は無料。

この50年の間に実に累計約900種類、1億2800万個以上発売されたというプラレール。先日開催されたおもちゃショーでは、俳優で気象予報士の石原良純さんとフェンシング・北京オリンピック銀メダリストの太田雄貴さんが、子どものころに遊んでいた思い出を語るなど、50周年を迎えてますます盛り上がりを見せているのだ。

大人から子どもまで幅広いファンを持つプラレールの人気は、その線路と同じようにどこまでも続きそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る