アサヒ&オリオンから数量限定ビール2種類全国発売!

2016年10月7日 14:30更新

東京ウォーカー(全国版) 角川アップリンク

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

アサヒビールは、沖縄のオリオンビールが製造した「アサヒ オリオン琉球セッション」と「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」(各オープン価格)を、10月25日(火)から沖縄県と鹿児島県奄美地区を除く全国で数量限定発売する。

シトラホップのフルーティな香りが楽しめる「アサヒ オリオン琉球セッション」(オープン価格)

シトラホップのフルーティな香りが楽しめる「アサヒ オリオン琉球セッション」(オープン価格)

すべての画像を見る(2件)

「アサヒ オリオン琉球セッション」は、柑橘系の香りが特徴のシトラホップの爽やかでフルーティーな香りと、苦みの“セッションIPA”スタイルの上面発酵ビール。“セッションIPA”とは、IPA(India Pale Ale)の特長であるホップの香りや苦みはそのままに、アルコール度数を低めに設定することで飲みやすさを実現したビアスタイルだ。沖縄の伝統織物“ミンサー織”をデザインしたパッケージは、沖縄で醸造したビールであることを表現している。

【写真を見る】アサヒビールとオリオンビールが共同開発したビアカクテル「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」(オープン価格)

【写真を見る】アサヒビールとオリオンビールが共同開発したビアカクテル「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」(オープン価格)

もう一方の「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」は、アサヒビールが蓄積してきた多様なビアカクテルのノウハウをベースに、オリオンビールが持つ独自のろ過技術を用いて共同開発した発泡酒。沖縄県産シークァーサー果汁の爽やかな香りと爽快なのどごしを楽しめるビアカクテルに仕上げている。

2002年から沖縄県外にオリオンブランドを販売することで協業してきた2社。オリオンビールならではの技術と、沖縄県産フルーツを組み合わせたビールの味を、ぜひ味わってみて。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る