魚が“おばけカボチャ”に変身!シーパラ流「ハロウィン」とは

2009年9月12日 15:44更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

水槽に、突然ハロウィンの主役“おばけカボチャ”が登場!? 横浜・八景島シーパラダイスでは、10/1(木)から10/31(土)まで「ハロウィン ファンタジー」を開催。魚たちが集まって作る海のおばけカボチャなど、シーパラならではのイベントが楽しめる。

このおばけカボチャ、水槽に目や口などのシールを貼り、ダイバーがエサをまいて魚を集めることによって作りだしている。背中が黄色い魚“タカベ”を中心に集めるなど、“カボチャっぽく見える”努力をしているそう。

「シーパラにいる生きものを生かしてハロウィンを楽しめないか?と考えて企画しました。毎年好評で、多くの人が写真を撮られたりして喜んでいますよ」と話すのは、八景島シーパラダイス広報担当者。

自由気ままに動く魚たちが水中で揺れ動き、まるで生きているかのように思えるシーパラならではのおばけカボチャ。幻想的な景色の中で、いつもとはちょっぴり違うハロウィンを楽しんでみては。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る