コロッコロの“双子のレッサーパンダ”が公開!東武動物公園

2009年10月3日 10:45更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東武動物公園(埼玉県南埼玉郡)にて、双子のレッサーパンダの赤ちゃんが10/3(土)11:00から一般公開される。公開されるのは生後約3か月の男の子と女の子だ。

6/20に生まれた双子のレッサーバンダは、誕生時の体重が約800g、体長は約25cmだったのが、3か月たった今では体重約1kgに。屋内展示場にある木箱の中で、2頭身のコロコロしたかわいい体で転がるように歩き回ったり、寝転がったりしている愛らしい姿が見られる。運がよければ、木箱から這い出て屋内展示場を歩き回る姿が見られるかも!

また、公開に合わせて双子の赤ちゃんのネーミングを10/12(祝)まで募集している。応募方法は、レッサーパンダ展示舎前に設置された応募用紙に記入し、東西ゲート係員に渡すだけ。ちなみにお父さんは群馬サファリパーク生まれの海(ウミ、7歳)、お母さんは長野市茶臼山動物園生まれのチヒロ(6歳)だ。

コロッコロの体形と動きがかわいい双子の姿を見て、ピッタリのネーミングを考えてみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る