祇園辻利から新作チョコレート「chocolat mou(ショコラムー)」が登場

2017年1月16日 17:05更新

東京ウォーカー(全国版) 角川アップリンク

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宇治茶の専門店、祇園辻利から抹茶とほうじ茶を練り込んだ新作チョコレート「chocolat mou(ショコラ ムー)」(1404円)が発売中。

祇園辻利の新作チョコレート「chocolat mou(ショコラ ムー)」(1404円)

すべての画像を見る(3件)

「chocolat mou(ショコラ ムー)」は、祇園辻利の宇治抹茶とほうじ茶を練り込んだ柔らかく口溶けの良いチョコレートを、ソフトな食感のチョコで丁寧にコーティング。さらに、抹茶はゴールド、ほうじ茶はシルバーでデコレーションし、上品な高級感を追究している。商品名の「mou(ムー)」とはフランス語で柔らかいという意味。その名の通り、柔らかな口溶けが特長だ。

【写真を見る】上品なパッケージはプレゼントに最適

パッケージの表面は明るく上品に、中のトレーはゴールドというゴージャスな仕上がり。京都と東京スカイツリータウン・ソラマチ、大丸東京店の店舗とオンラインストアで購入できる。バレンタインギフトの他、抹茶スイーツ好きな方へのギフトや、自分へのちょっとしたごほうびとしても使えそう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る