ロボットホテルも!17年版“東京新名所”4選

2017年1月30日 18:24更新

東京ウォーカー(全国版) 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年の東京オリンピック開催に向け、続々と開発が進む東京。上野の新たなランドマークやロボットが接客をするホテルなど、話題を呼びそうな新名所をチェックしておこう。

変なホテル2号 舞浜 東京ベイは3月15日OPEN予定

すべての画像を見る(4件)

変なホテル2号 舞浜 東京ベイ(3月15日OPEN予定)

多言語対応の恐竜形ロボットがスタッフとして働くホテルの2号店。客室では、キュートな卵形のロボットがゲストを迎えてくれる。

松坂屋上野店 南館建替計画(秋OPEN予定)

2014年3月に閉館した松坂屋上野店南館がリニューアル!新施設は23階建て。1階から6階はパルコ、7階から10階はシネマコンプレックスのTOHOシネマズ、12Fから22Fは賃貸オフィスが入る複合ビルとなっている。

IHIステージ アラウンド東京(3月30日OPEN予定)

巨大な円形の客席が360°回転し、4つのステージで見せる劇場。こけら落としは小栗旬ら出演の「髑髏城の七人」Season花。

UMAMI BURGER(3月中旬~4月上旬OPEN予定)

「旨味」に着目したハンバーガーレストラン。昆布や醤油などを使った特製ソースや粗挽きのパティなど、こだわりの味を提供する。【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る