このイベントは終了しました。北海道の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

第4回特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」

開催期間

2018年6月30日(土)~8月26日(日)
※月曜、7月18日(水)休み(ただし7月16日開催)

開催時間
9:30~17:00 最終入場16:30
6月30日(土)のみ12:00開場
  • 松浦武四郎肖像(松浦武四郎記念館所蔵)

「北海道の名付け親」と呼ばれる松浦武四郎の生涯をたどる

「北海道の名付け親」と呼ばれる松浦武四郎の希代の生涯をたどる特別展。松浦武四郎(1818-1888)は、伊勢国(現三重県松阪市)で生まれ、幕末期にロシアとの国境問題で揺れた北海道を6回踏査し、アイヌ民族の生活状況などを克明に記録したことがよく知られている。 彼はまた、幕末の志士や政治家、学者や文人との幅広い交流の中で、情報通や蒐集家としても有名であったという。本展では、彼の膨大な蒐集品のひとつであり、唯一の肖像写真でも身につけている「大首飾り」が北海道で初公開されるなど、見どころ満載だ。強い好奇心と情熱のもと、旅に生き、幕末から明治維新という激動の時代の諸相を集めて伝えようとした、その生涯をたどることができる。

[公式ホームページなど、第4回特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
北海道の天気
本日17℃7℃
明日18℃11℃

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%内税表示です

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】北海道 × 美術展・博物展

北海道イベントランキング

ページ上部へ戻る