夏の絵画と工芸展

開催期間

2020年7月10日(金)~8月25日(火)

開催時間
9:00~17:00 最終入館16:30
  • 江戸時代中期の浮世絵師。歌川派の祖・歌川豊春の作品
    歌川豊春 新板浮絵両国之図 本間美術館蔵

  • 湯上りの美人画。うちわには空をとぶ鯉のぼりが描かれ、青い着物は涼を感じさせる
    歌川国貞 浮世人情天眼鏡 本間美術館蔵

  • 薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したガラス細工・カットグラス(切子)。中でも藍色は薩摩切子を代表する伝統の色
    薩摩切子藍色小瓶 本間美術館蔵

  • 江戸前・中期の俳人で蕉門十哲の一人。六芸に通じているとして名を許六したように多芸で、画にも秀でていた
    森川許六 蓮に翡翠図 個人蔵

  • 大正時代から昭和時代にかけての日本画家。伝統的な花鳥図を描き、その伝統を守り続けた人物として高い評価を得ている
    西沢笛畝 朝顔図 本間家旧本邸蔵

季節を視覚で満喫

人々の様々な場面における生活に四季の彩を与えてきた歴史がある日本の美術。それらは絵画や工芸作品など多岐にわたるもので、時に心を潤し、時に心を癒してきた。本展では、夏をテーマに、涼しげで楽しく美しい絵画や工芸作品などを展観。季節を体感できるような作品ぞろいで、大人も子供も楽しめる。

[公式ホームページなど、夏の絵画と工芸展の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
山形県の天気
本日28℃19℃
明日25℃19℃

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

山形県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る