このイベントは終了しました。東京都の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

クリムト展 ウィーンと日本 1900

開催期間

2019年4月23日(火)~7月10日(水)
※5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)休み

開催時間
9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00
入室は閉室の30分前まで
場所
関東 東京都 台東区 東京都美術館
  • 片辺170cmで圧巻の「女の三世代」は日本初公開
    グスタフ・クリムト《女の三世代》1905年 ローマ国立近代美術館 Galleria Nazionale d’Arte Moderna e Contemporanea, Roma

  • 黄金様式の時代の代表作のひとつ「ユディトⅠ」
    グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年 ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 (C)Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

  • 全長34mにも及ぶ壁画「ベートーヴェン・フリーズ」の精巧な複製も来日
    グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)1984年 (原寸大複製/オリジナルは1901-1902年)ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 (C)Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

  • 様々な魅力が描かれた女性像は国内外で人気を誇る
    グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》1913/1914年 豊田市美術館

  • 数多く手がけた風景画も展示される
    グスタフ・クリムト《アッター湖畔のカンマー城III》1909/1910年 ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 (C)Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

人生の三段階を描いた傑作「女の三世代」を日本初公開

2018年のクリムト没後100年、2019年の日本とオーストリア友好150周年を記念して開催するクリムトの展覧会。代表作の「ユディトⅠ」や「ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)」、「アッター湖畔のカンマー城III」を含む過去最多25点の油彩画作品が一度に見られるほか、人間の幼年期、青年期、老年期を寓意的に表現した傑作「女の三世代」を日本初公開する。また、ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示や、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品、クリムトが影響を受けた日本の美術品も併せて展示する。

[公式ホームページなど、クリムト展 ウィーンと日本 1900の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
東京都の天気
本日28℃22℃
明日27℃23℃

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%内税表示です

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】東京都 × 美術展・博物展

東京都イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る