御即位記念特別展「正倉院の世界ー皇室がまもり伝えた美ー」

開催期間

2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日)
前期10月4日(月・祝)~11月4日(月・休)、後期11月6日(水)~11月24日(日)※月曜、11月5日(火)休館。ただし10月14日(月・祝)と11月4日(月・休)は開館

開催時間
9:30~17:00、会期中の金曜・土曜、11月3日(日・祝)・4日(月・休)は21:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
場所
関東 東京都 台東区 東京国立博物館・平成館
  • ラクダに乗り琵琶を演奏する人物が描かれ、シルクロードで運ばれてきたことを象徴するような「螺鈿紫檀五絃琵琶」
    螺鈿紫檀五絃琵琶 唐時代・8世紀 正倉院宝物 【前期展示10月14日~11月4日】

  • 色鮮やかなシンメトリーが楽園の雰囲気を醸し出す「紺夾纈絁几褥」
    紺夾纈絁几褥 奈良時代・8世紀 正倉院宝物 【後期展示11月6日~24日】

  • 南海のきらめきを散りばめた「平螺鈿背八角鏡」
    平螺鈿背八角鏡 唐時代・8世紀 正倉院宝物 【後期展示11月6日~24日】

  • 聖武天皇御愛用の異国趣味な水差し「漆胡瓶」
    漆胡瓶 唐または奈良時代・8世紀 正倉院宝物 【後期展示11月6日~24日】

  • 明治時代に描かれた、正倉院の御物を修理する様子「正倉院御物修理図」
    正倉院御物修理図 稲垣蘭圃筆 明治22年(1889) 東京国立博物館 【通期展示】

受け継がれゆく悠久の美を展示

天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展を開催。皇室が守り伝えてきた、正倉院宝物と法隆寺献納宝物という、古代の東西交流の有り様を伝える、世界的にも貴重な文化遺産を展示する。遠く大陸から持ち込まれた国際色豊かな品々や当時の最高技術を結集して作られた美術工芸品を有する正倉院宝物、飛鳥・奈良時代を代表し、正倉院宝物と双璧をなす法隆寺献納宝物の、日本を代表する文化財が一堂に会する稀有な機会となっている。令和元年の本年にふさわしい、皇室が守り伝えた、かけがえのない、悠久の日本の美を拝することができる。

[公式ホームページなど、御即位記念特別展「正倉院の世界ー皇室がまもり伝えた美ー」の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
東京都の天気
本日21℃11℃
明日20℃10℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】東京都 × 美術展・博物展

東京都イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る