このイベントは終了しました。東京都の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

【臨時休館】「古典×現代200―時空を超える日本のアート

開催期間

2020年3月16日(月)~6月1日(月)
休館日は毎週火曜、5月7日(木) ※5月5日(祝)は開館

開催時間
10:00~18:00(最終入場は閉館の30分前)
毎週金・土曜日は20:00まで、5月30日(土)は「六本木アートナイト2020」開催にともない22:00まで
  • 展示期間はどちらも5月8日(金)~6月1日(月)
    画像上:葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 江戸時代・19世紀 大判錦絵 25.2×38.5cm 和泉市久保惣記念美術館 画像下:しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》 2017年 和紙にインクジェットプリント 32.0×47.0cm 作家蔵

  • 開催期間は5月8日(金)~6月1日(月)
    しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》 2017年 和紙にインクジェットプリント 32.0×47.0cm 作家蔵

古典と現代あわせて約200点を展示

【※当面の間、臨時休館しています。会期などの詳細は展覧会HPをご確認ください】東京が国際的に注目される2020年、古い時代の美術と現代美術の対比を通して、日本美術の豊かな土壌を探り、その魅力を新しい視点から発信する展覧会。 江戸時代以前の名品と、8人の現代作家たちの作品をペアにして紹介する本展では、主題や造形の類似はもちろん先達から得た着想や、誰もが知る名品とそのパロディ、古典作品を取り込んだインスタレーションなど時空を超えたアートの対話が繰り広げられる。 出品総点数は古典と現代あわせて約200点。古今の美術をつなぐ豊かな水脈を体感できる。

[公式ホームページなど、【臨時休館】「古典×現代200―時空を超える日本のアートの詳しいイベント情報を見る]
開催場所
東京都の天気
本日30℃23℃
明日30℃23℃

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】東京都 × 美術展・博物展

東京都イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る