このイベントは終了しました。石川県の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

日常のあわい

開催期間

2021年4月29日(祝)~9月26日(日)
休場日:毎週月曜日(ただし5月3日、8月9日、9月20日は開場) 5月6日、8月10日、9月21日

開催時間
10:00~18:00
金・土曜日は20:00まで

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 「日常」について今一度見つめ直すきっかけをくれる

  • 髙田安規子・政子《A Ladder (RulerⅠ) 》2019 年 作家蔵
    撮影:長塚秀人

  • 青木陵子+伊藤存「変化する自由分子のWORKSHOP」展(ワタリウム美術館、2020年)より

  • 岩崎貴宏《アウト・オブ・ディスオーダー(コニーアイランド)》2012年 個人蔵
    (C)Takahiro Iwasaki, Courtesy of ANOMALY

  • 下道基行《ははのふた》2012年 作家蔵

「日常」と「非日常」のあわいにある「現在」を見つめ直す企画展

日本は元々地震や台風などの自然災害が多く、いつ日常が脅かされるかもしれない不安や緊張と隣り合わせ。新型コロナウイルス感染症の流行により一層意識せざるをえなくなった「日常」について、今一度見つめ直すことを目的とした企画展。7組11名の日本人作家による、変化の中にあっても受け継がれていくものを捉えた作品を通じて、「日常」と「非日常」のあわいにある「現在」を見つめ直す。

見どころ

1980年代生まれの若手から1970年代生まれの中堅、1960年代生まれのベテラン作家までが参加し、個々の日常や誰にでも起こる出来事を、写真や映像、彫刻、ドローイング、刺繍、絵や言葉など多様なメディアによって表現する。【出演作家】青木陵子+伊藤存/岩崎貴宏/小森はるか+瀬尾夏美/小山田徹+小山田香月/下道基行/髙田安規子・政子/竹村京

[公式ホームページなど、日常のあわいの詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
石川県の天気
本日20℃13℃
明日20℃13℃

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

混雑する時間の目安

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】石川県 × 美術展・博物展

エリアやカテゴリで絞り込む

10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る