秋季名宝展「中世の英主・後宇多法皇と大覚寺」

終了間近

2021年10月8日(金)~12月6日(月)
前期10月8日(金)~11月7日(日)、後期11月9日(火)~12月6日(月)。11月8日(月)は展示品入替のため休館。16時30分受付終了。諸事情により、予告なく参拝中止する場合あり。会期中、文化財保護のため、臨時休館及び一部展示替えを行うことがある。

開催時間
09:00~17:00
場所
関西 京都府 旧嵯峨御所 大本山大覚寺

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 旧嵯峨御所 大本山大覚寺

寺宝の数々

読売新聞社「紡ぐプロジェクト」により修復された国宝『後宇多天皇宸翰弘法大師伝』や、後宇多法皇によって再興された大覚寺の教法が後代まで護持されることを祈念して撰述された国宝『後宇多天皇宸翰御手印遺告』をはじめ、法皇所縁の書を中心に公開。さらに、後期には出光文化福祉財団助成によって修復完了した重要文化財『五大虚空蔵像』も観覧できる。情報提供=イベントバンク

[公式ホームページなど、秋季名宝展「中世の英主・後宇多法皇と大覚寺」の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
京都府の天気
本日14℃9℃
明日14℃10℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る