このイベントは終了しました。大阪府の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

特集展示「新発見!なにわの考古学2021」

開催期間

2021年10月27日(水)~12月20日(月)
※火曜休み(祝日の場合翌日)

開催時間
9:30~17:00、10月29日、11月5・12・19・26日、12月3日は〜20:00(最終入館各30分前)

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 大阪湾沿岸部で出土した壺
    古墳時代中期(5世紀) 浪速区 船出遺跡 大阪市教育委員会蔵

  • 漆が付着した須恵器
    飛鳥時代(7世紀) 中央区 難波宮跡 大阪市教育委員会蔵

  • 豊臣期大坂城詰ノ丸で見つかった石垣(パネル展示)
    織豊期(16世紀末~17世紀初頭) 中央区 大坂城跡 写真提供:大阪市文化財協会

  • 宝永地震に伴って廃棄された陶磁器など
    江戸時代後期(17世紀末~18世紀初頭) 北区 野崎町所在遺跡 大阪市教育委員会蔵

大阪に眠っていた歴史の痕跡を展示

令和2年(2020)度を中心に、一般財団法人大阪市文化財協会・大阪市教育委員会が実施した大阪市内の遺跡発掘調査の中から、主な調査成果を出土遺物や写真パネルを用いて紹介。約350点の貴重な資料を展示する。また11月20日(土)には「大阪の歴史を掘る2021」と題して講演会も行う。

見どころ

今年度は船出遺跡出土の朝鮮半島の土器(5世紀)をはじめ、難波宮跡出土の漆が付着した須恵器(7世紀)や豊臣期大坂城詰ノ丸の石垣(パネル展示)と金箔瓦(16世紀末~17世紀初頭)、野崎町所在遺跡出土の大量の陶磁器(17世紀末~18世紀初頭)などを展示する。

[公式ホームページなど、特集展示「新発見!なにわの考古学2021」の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
大阪府の天気
本日6℃2℃
明日8℃1℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】大阪府 × 美術展・博物展

最寄り駅のイベントを探し直す

最寄り駅の路線沿線からイベントを探し直す

  • 大阪メトロ長堀鶴見緑地線

エリアやカテゴリで絞り込む

1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る