くらしき物語 倉敷・児島・玉島 郷土の名宝と作家たち

開催中

2018年7月14日(土)~12月24日(月)
児島編:7月14日(土)~9月9日(日) 玉島編:9月15日(土)~10月28日(日) 倉敷編:11月3日(土)~12月24日(月) ※月曜休み(祝日の場合は翌日)

開催時間
9:00~17:15 最終入館16:45
  • 緑川洋一が開通に合わせて撮影した瀬戸大橋の写真
    (C) 緑川洋一記念室

倉敷・児島・玉島各地区の文化遺産や芸術家たちの作品を展観

2017年に旧倉敷、児島、玉島の3市合併から50周年を迎え、2018年、瀬戸大橋の開通から30周年となり、さらなる発展を目指して新たな一歩を踏み出した倉敷市。倉敷美術館では、今一度足元を見つめなおしながら、次世代に向けてメッセージを発信していくため、先人たちが築き上げてきた倉敷各地の文化遺産や、ゆかりの芸術家たちに焦点を当て、「くらしき物語」展として倉敷、児島、玉島の3編・3期にわたり、各地域の美術を紹介。それぞれの地域にゆかりのある作家の作品を展示するほか、児島編では、学生服の生産開始から100周年を記念し、児島の学生服産業100年の歴史を紹介。倉敷編では、2018年が町並み保存にも尽力した写真家の中村昭夫の没後10年にあたることから、中村の作品と共に倉敷の風物をテーマとした作品を特集展示する。

[公式ホームページなど、くらしき物語 倉敷・児島・玉島 郷土の名宝と作家たちの詳しいイベント情報を見る]
開催場所
岡山県の天気
本日23℃13℃
明日22℃13℃

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%内税表示です

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】岡山県 × 美術展・博物展

岡山県イベントランキング

ページ上部へ戻る