【臨時休館】生誕135年記念 川端龍子展 ―衝撃の日本画

終了間近

2020年4月2日(木)~5月31日(日)
※月曜(ただし5月4日開催)休み

開催時間
9:00~17:00 最終入場16:30
4月2日(木)は10:00から/金曜は20:00まで 最終入場19:30
  • 終戦直後に描かれた作品。庭に落ちた爆弾によって飛散する夏野菜を描いたもの
    《爆弾散華》1945年、大田区立龍子記念館

  • 日本領と米領の島が混在する波乱を象徴した作品
    《龍巻》1933年、大田区立龍子記念館

  • 雁が飛ぶ姿を上から見た構図
    《南飛図》1931年、和歌山市立博物館

  • 修善寺の別宅を琳派のように描いた作品
    《龍子垣》1961年、大田区立龍子記念館

  • 名作ぞろいで、幅広い世代で観覧を満喫できる
    《唐獅子牡丹》1935年-1945年、水野美術館

観る者を圧倒する龍子の名作を堪能

【※3月7日(土)から当面の間、臨時休館しています。詳細はHPをご確認ください】「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子(1885-1966)を紹介。和歌山市に生まれた龍子は、上京して若手の洋画家・挿絵画家として活動。その後、単身渡米した際、現地で日本の古美術に触れ日本画に転向。転向した翌年、再興日本美術院展にて画壇デビューを果たす。龍子はそれまでの日本画にはなかった規格外の大作を次々と発表し人々を圧倒、魅了した。龍子の生誕135年を記念した本展では、50年以上にわたったその画業を回顧する。

[公式ホームページなど、【臨時休館】生誕135年記念 川端龍子展 ―衝撃の日本画の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
広島県の天気
本日26℃16℃
明日27℃14℃

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】広島県 × 美術展・博物展

広島県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る