このイベントは終了しました。広島県の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

没後70年 南薫造

開催期間

2021年4月20日(火)~6月13日(日)
※休館日:月曜日、ただし5月3日は開館

開催時間
9:00~17:00
※金曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 温雅な画趣と色遣いで好評を博した、画業初期の代表作
    《坐せる女》1908年 広島県立美術館

  • 明るい色彩と点描表現に印象派の影響が感じられる、パリで制作した作品
    《少女》1909年 東京国立近代美術館

  • 第6回文展で最高賞の二等を獲得した代表作
    《六月の日》1912年 東京国立近代美術館

  • 安浦の自宅を描いた作品。虫干しのさなか、書物を眺めるのは画家の孫
    《曝書》1946年 広島県立美術館

  • 作者が幼少期に訪れていた柏島を望む風景
    《瀬戸内海》1905年 東京藝術大学

南薫造、初の大規模な全国巡回展

近代日本洋画史を代表する画家のひとり、広島県呉市出身の南薫造(1883-1950)。没後70年を記念して開催される本展は、初期から晩年までの画業の全貌を紹介する初の大規模な全国巡回展。清新な作風で注目を集めた滞欧作をはじめ、印象派の影響が見られる油彩画や、みずみずしい水彩画など代表作を網羅し、穏やかで気品に満ちた画業の全貌を紹介する。

見どころ

関連イベントの開催あり。4月24日(土)は講演会1「南薫造とその周辺」、5月22日(土)は講演会2「色彩画家・南薫造の生涯と芸術」、5月14日(金)・21日(金)・6月11日(金)は学芸員によるスライドトーク(すべて事前申込)。詳しくは公式ホームページへ。

[公式ホームページなど、没後70年 南薫造の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来園者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来園自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
広島県の天気
本日30℃18℃
明日30℃18℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

おでかけ・旅行に関する動画

エリアやカテゴリで絞り込む

6月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る