西洋近代美術にみる神話の世界

開催中

2020年5月30日(土)~7月12日(日)

開催時間
9:00~17:00 最終入館16:30
  • 名だたる巨匠の作品も展示されており、大人から子供まで楽しめる
    フレデリック・レイトン《月桂冠を編む》1872年、油彩・カンヴァス、リヴァプール国立美術館 ウォーカー・アート・ギャラリー Coutesy National Museums Liverpool, Walker Art gallery

古代から受け継がれる神話の世界を堪能

田園にたたずむ女神、戦場で戦う英雄、水浴するニンフなどが登場するギリシャ・ローマ神話は、古代から芸術作品の主題となってきた。神話は時代ごとに解釈を加えられながら、神に捧げるため、あるいは教養を示すためなど、美術の中で様々に表されている。本展では、古代遺跡に魅了されたピラネージから神話の物語を題材に作品を描いたヴィクトリア朝の画家たち、豊かな自然の中に女神を思わせる裸婦を描いたルノワール、神話上の怪物を登場させたピカソまで、18世紀から20世紀の作家34名による作品を紹介。幻想的な版画、優美な古典世界や穏やかな田園風景を描いた作品を通して、古代から脈々と受け継がれてきた物語の系譜を満喫できる。

[公式ホームページなど、西洋近代美術にみる神話の世界の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
高知県の天気
本日24℃19℃
明日30℃19℃

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】高知県 × 美術展・博物展

高知県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る