2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展 きっかけは「彫刻」。―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形

開催期間

2019年9月21日(土)~11月24日(日)
※火曜、10月23日(水)休み(10月22日は開館)

開催時間
10:00~20:00 最終入場19:30
  • それぞれの時代を代表する彫刻作品が集う

近代日本彫刻をテーマにした大規模企画展

「彫刻」という概念が誕生した明治期から、ロダンの影響、大正期から昭和初期の多様な展開、そして戦後の現代美術からたちあがった立体造形、さらには近代日本彫刻史を踏まえ発展していった現代彫刻まで、それぞれの時代を象徴する代表作を東京国立近代美術館のコレクションを通して鑑賞できる企画展。ロダンに多大な影響を受けた高村光太郎や荻原守衛、中原悌二郎などの作品をはじめ、教科書で見たことのある「あの作品」の本当の魅力を紹介する。またCAMKコレクションによる、1990年以降の彫刻・立体作品の特集展を同時開催する。

[公式ホームページなど、2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展 きっかけは「彫刻」。―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
熊本県の天気
本日25℃19℃
明日27℃21℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】熊本県 × 美術展・博物展

熊本県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る