現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法

開催中

2022年6月11日(土)~8月21日(日)

開催時間
10:00~19:00
※金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
最寄り駅
大分駅(大分県)

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • ヴァシリー・カンディンスキー《絵の中の絵》1929年

  • ヴォルフガング・ティルマンス《フライシュヴィマー(自由な泳ぎ手) 24》2003年 (C) Wolfgang Tillmans

  • 森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年 (C) Yasumasa Morimura

  • アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラⅠ》1960-61年 撮影:福永一夫

  • ジュリアン・オピー《ファイルを持つヒロフミ》2005年 (C) Julian Opie / courtesy of MAHO
    画像提供:大分県立美術館(OPAM)

100年余りの美術の流れを4つの章で辿る展示会

1977年より、国内外の優れた現代美術を発信する美術館として、収集・保管・展示活動を行っている国立国際美術館。本展は、その名品・優品を国内各地で紹介する巡回展。ポール・セザンヌに始まり、ヴァシリー・カンディンスキーやマルセル・デュシャンらによる抽象絵画や概念芸術の動き、第二次世界大戦後に登場するポップアートや新しい表現様式、さらには多様化する2000年以降のアートまで、大きく変容する100年余りの美術の流れを4つの章で辿っていく。

見どころ

関連イベントとして、学芸員による「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法」ギャラリートークなどを開催。詳しくは公式ホームページへ。

[公式サイトなど、現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト(https://www.opam.jp/topics/detail/575)等でご確認ください

開催場所
大分県の天気
本日34℃26℃
明日35℃25℃

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

混雑する時間の目安

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】大分県 × 美術展・博物展

最寄り駅のイベントを探し直す

  • 大分駅(大分県)

最寄り駅の路線沿線からイベントを探し直す

  • JR日豊本線(門司港~佐伯)
  • ゆふ高原線
  • 阿蘇高原線

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る