このイベントは終了しました。鹿児島県の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

初夏の所蔵品展 ミニ特集:シュルレアリスムと鹿児島

開催期間

2022年5月31日(火)~8月7日(日)
月曜日休館(祝日の場合はその翌平日)

開催時間
9:30~18:00
入館は17:30まで

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 入来天《快楽》

  • 黒田清輝《アトリエ》

  • クロード・モネ《睡蓮》
    画像提供:鹿児島市立美術館

シュルレアリスムを引き継いだ鹿児島出身の作家たち

郷土ゆかりの作品や印象派以降の西洋美術に加え、ミニ特集では鹿児島出身作家のシュルレアリスム作品を紹介する。シュルレアリスム(超現実主義)は、第一次世界大戦を経た1920年代のパリに生まれ、世界中に波及していった20世紀美術の大きな潮流の一つ。この運動では、無意識の世界にいかにアプローチするかという問題に対し、大きく二つの方法論が取られている。湧き上がってくるイメージや連想を自由に働かせ、戦後アメリカの抽象表現主義にも影響を及ぼしたミロやマッソンのオートマティスム(自動記述法)の方向と、無意識の世界を写実的に描き出そうとしたダリやマグリットの魔術的リアリズムの方向とがある。日本のシュルレアリスムは、本家のパリ以外で最も豊かな展開をしたと言われている。戦前から活躍した古賀春江、福沢一郎、岡本太郎などが代表作家であるが、やがて、戦時下で治安維持法によって、弾圧されて挫折した。しかし、その影響力は戦後も各地に引き継がれており、ここ鹿児島も例外ではなく、いくつかの作例として結実している。

見どころ

今回のミニ特集では、ヨーロッパ留学中に同時代の前衛美術の一つとしてこの運動に接近しつつも微妙な距離を置いた東郷青児、太平洋戦争中に疎開先の人吉でデッサン三昧に耽る中で図らずもオートマティスムの域に到達した海老原喜之助、さらに日本のシュルレアリスムを代表する団体・美術文化協会に参加した入来天や清野正、また国画会を舞台に独自の表現をした原田成大と和田忠志など、鹿児島出身の作家たちを紹介する。

[公式サイトなど、初夏の所蔵品展 ミニ特集:シュルレアリスムと鹿児島の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
鹿児島の天気
本日35℃27℃
明日32℃27℃

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

混雑する時間の目安

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】鹿児島県 × 美術展・博物展

最寄り駅のイベントを探し直す

  • 朝日通停留所(鹿児島県)
  • 市役所前停留所(鹿児島県)
  • 天文館通停留所(鹿児島県)
  • いづろ通停留所(鹿児島県)
  • 水族館口停留所(鹿児島県)

最寄り駅の路線沿線からイベントを探し直す

  • 鹿児島市電1系統
  • 鹿児島市電2系統

エリアやカテゴリで絞り込む

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る