【日本橋高島屋】’おうち時間’を通じて、持続可能な社会に思いを馳せよう!「カワイイ」、「素敵な」フェアトレード商品<Love&sense>のpop up イベントを開催。

2021年06月10日 16:35更新

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
株式会社高島屋
持続可能な社会を作るための一つの手法であるフェアトレードは、SDGsの多くの目標にコミットしている取り組みです。フェアトレードのセレクトショップ<Love&sense>は、途上国の貧困問題の解決に誰もが参加することができる「貢献できるお買い物」を提案しています。


<Love&sense>はカンボジア、ブラジル、コロンビア、ベトナム、インド、タイなど、現地のパートナーと共に商品を企画し、共に成長できるように支援しています。彼らの伝統的な暮らし方や生産技術を生かしつつ、大きな負担をかけないように、日本のマーケットに合う「素敵な商品」の数々。目指すは、大ヒット商品よりも、着実に売れ続けるロングランの商品です。

■おうち時間を心地よく過ごすアイテム
おうち時間が増え、ニーズが高まっているワンマイル・ウエア。
Love&senseのオリジナルデザインの‘マルコシリーズ’からは、新しくワンピースが仲間入りしました。


“気”ごごちと“着”ごこちにこだわり、フェアトレード認証コットンを使用しコットンの生産農家にも配慮しています。
写真は、女性の二の腕、お腹やお尻、腰回りなどの悩みをカバーしつつ、着用した人の体に合わせて美しいシルエットに変化する定番のカットソーとキュロット。



■注目のアップサイクル
捨てられるはずだったプルタブを洗い、バリをとってアップサイクルした商品。NYのMOMAでも取り扱われている秀逸なデザインが魅力です。材料がアルミでできているため錆びにくく、わずか335gと驚くほどの軽さ。中布がついているためお財布などがプルタブに触れて傷つくことはありません。

ちょっとしたお出かけに使えるバック



バッグが小型化し、「荷物を持つ」ための物から、コーディネートと一体化する傾向にあります。
<Love&sense>ではお客様のニーズに合ったカンボジア製のサコッシュや、コロンビアの少数民族が製作したワユーバッグの新作など、ミニバッグを中心に展開します。

SDGsに関心を持っていただいた方たちへ、日常的に使えて、社会に貢献もできるフェアトレードプロダクツ。是非商品を手に取ってご覧ください。


営業時間は日本橋高島屋のホームページをご覧ください。
<日本橋高島屋ホームページ>https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/

[お問い合わせ]日本橋高島屋03-3211-4111(代表)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

ページ上部へ戻る