『第31回技能グランプリ』 建築大工職種 ポラスハウジング協同組合の隅 悠多が銀賞受賞! 山田一貴は銅賞受賞!

2021年02月22日 13:32更新

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
ポラス株式会社

 特級、1級及び単一等級の資格を持つ技能士が熟練の技能を競う、『第31回技能グランプリ』の建築大工職種において(主催:厚生労働省、中央職業能力開発協会、(一社)全国技能士会連合会)、ポラスグループ ポラスハウジング協同組合(埼玉県草加市 代表理事:中内 晃次郎)の隅 悠多(すみ ゆうた 31歳)が銀賞、ポラスハウジング千葉(株)(千葉県松戸市 代表取締役:中内 晃次郎)の山田 一貴(やまだ かずき 28歳)が銅賞を受賞いたしました。ポラスグループでは、第25回から今回の第31回大会まで7大会連続入賞となり、隅 悠多は3大会連続、山田 一貴は初めての入賞となりました 。

 技能グランプリは、特級、一級及び単一等級の技能士の技能の一層の向上を図るとともに、その地位の向上と技能尊重気運の醸成に資することを目的として2年に一度開催されています。第31回は、2月19日~22日の4日間、愛知県常滑市の愛知県国際展示場などで開催され、全国から機械組立て、旋盤、かわらぶき、和栽、日本料理など、全28職種に合計344名が参加。建築大工職種では25名が『正五角形小屋組』の課題で技術を競い合った結果、金賞1名、銀賞3名、銅賞3名、敢闘賞3名がそれぞれ表彰されました。

●銀賞受賞の 隅 悠多 コメント
銀賞受賞ありがとうございます。少し悔しいですが、悔いが残らない作品を作れたので、よかったと思います。 今後は、この 経験を活かしてお客様に喜んでいただける住宅づくりに取り組んでまいります。
●銅賞受賞の 山田 一貴 コメント
銅賞受賞ありがとうございます。前回出場時は入賞できずに悔しい思いをしたので、今回入賞できて素直にうれしいです。 ただ、ミスもあったので、次回はさらに練習を積んで、より上を目指したいと思います。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

ページ上部へ戻る