温泉津温泉 薬師湯

場所
中国 島根県
  • 駐車場あり

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 旧館側からの外観。旧館は温泉津に現存する温泉施設として最も古い築100年の木造洋館で、現在はカフェとなっている
    画像提供:温泉津温泉 薬師湯

  • 自噴で自然湧出の源泉は建物横にあり、一切手を加えずに湯船に注がれている。床には湯の花が幾重にも付着している
    画像提供:温泉津温泉 薬師湯

  • 屋上テラスからは銀山の新百景に選ばれている赤瓦の町並みや温泉街の独特な景色を楽しめる
    画像提供:温泉津温泉 薬師湯

  • 重厚な雰囲気と風情が漂う「震湯カフェ内蔵丞」。「よみがえる建築遺産」に選定され、組み込み式天井や階段など建築学的にも貴重な建物
    画像提供:温泉津温泉 薬師湯

  • カフェでは銀山の歴史にまつわる「温泉津の奉行飯」の他、全てオリジナルで手作りのヘルシーデザートや飲み物を味わえる
    画像提供:温泉津温泉 薬師湯

島根県の天気
本日5℃-1℃
明日8℃-1℃
住所

島根県大田市温泉津町温泉津7[地図]

アクセス

【電車】JR温泉津駅からタクシーで約5分または町営バスで約7分または徒歩20分 【車】山陰自動車道江津ICから約30分、出雲ICから約55分

営業時間

入浴:月~金曜9:00~21:00、土・日・祝8:00~21:00。貸切湯(40分間):月~金曜9:30~21:00、土・日・祝8:30~21:00。震湯カフェ内蔵丞(くらのじょう):11:00~17:00(LO16:30)

年末年始は要問合せ

定休日

年中無休

震湯カフェ内蔵丞は木曜定休

駐車場

30台 

(分散)

料金

こちらよりご確認ください

電話番号1 0855-65-4894
[公式ホームページなど、温泉津温泉 薬師湯の詳しい施設情報を見る]

源泉の湯あみをはじめ楽しみが充実の温泉処

かつて石見銀山で栄えた温泉街で、温泉地として全国で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された温泉津温泉にある湯処。日本温泉協会の天然温泉の審査で、全国でもわずかしかない最高評価のオール5を取得した自噴で自然湧出の源泉かけ流し湯が楽しめる。湯あみ後は、屋上のガーデンテラスで無料のコーヒーを飲みながら、温泉津の美しい町並みを眺めるのがおすすめだ。隣接の旧館は温泉津に現存する最古の温泉施設で、築100年の大正時代の木造洋館。現在は「震湯カフェ内蔵丞(くらのじょう)」として営業し、組み込み式天井や階段の細工また家具調度品など、重厚な雰囲気の中で銀山の歴史にまつわる「温泉津の奉行飯」や地元食材を使ったヘルシーメニューを味わえる。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】一部屋外
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒・除菌/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等をご確認ください


タグ・カテゴリ

大田のイベント情報

加納莞蕾作品展~大田を愛した莞蕾~

2022年1月2日(日)~2月23日(水)

最寄り駅のスポットを探し直す

  • 温泉津駅(島根県)

最寄り駅の路線沿線からスポットを探し直す

  • JR山陰本線(米子~益田)

島根県スポットランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

よく使われる検索条件

ページ上部へ戻る