厳選!なごやめし~名古屋で食べたい絶品グルメ

なごやめしの定番、手羽先、きしめん、天むす、あんかけスパ、小倉トーストなどをはじめ、名古屋観光に欠かせない絶品名古屋グルメを紹介。初めての名古屋でもこれを見れば迷うことなし!

東海地区限定の味!味噌煮込みうどんの老舗・山本屋本店のココがすごい!

味噌煮込みうどんと言えば、名古屋観光で1度は食べる、キング・オブ・味噌フードと言っても過言ではない。「何この硬い麺!?まだ出来上がってないでしょ?」とびっくりする人続出の人気なごやめし。古くから愛知県で愛されている、味噌煮込みうどんの老舗「煮込みうどん 山本屋本店 大門本店」に潜入。その魅力を徹底解剖!

明治から続く味噌煮込みうどん専門店

1907(明治40)年に下町情緒溢れる大須エリアで創業し、戦後に名古屋市中村区に移転した。味噌煮込みうどんのみで勝負する飲食店は、この山本屋本店が日本初。山梨の郷土料理であるほうとうにルーツを持ち、この地で独自の進化を遂げてきた。現在はなごやめしの代表格として多くの人々に愛されている。2013年にはなごやめしの進化形態としてカレー煮込うどんを考案し、姉妹店「鯱市」をオープン。味噌煮込みうどんの元祖として100年以上の歴史を語り継ぎながら、進化を続けている。

味噌煮込うどん(1080円)。濃厚でまろやかな味噌のスープが口の中で広がる

続きを見る

きしめんの老舗「川井屋本店」は、手作りにこだわり大正から続く変わらぬ味を守り続ける

幅広でうすーい麺が特徴のきしめん。名古屋観光にきたら是非とも食べておきたいなごやめしの1つだ。立ち食いきしめん屋が密集している名古屋駅から少し離れた麺処「川井屋本店」は、地元の人々に愛され続けるきしめんの老舗。今も昔も変わらぬ味の魅力を探ってみよう。

大正から脈々と紡がれる歴史

1921(大正10)年に、町並み保存地区にも登録されている閑静な高岳エリアで創業。創業者は一八(いっぱち)本店という、昭和天皇も足を運んだことがある名古屋の老舗うどん店で修業したのちに開業した。その味は家族代々受け継がれ、現在3代目が変わらぬ味を守り続けている。

えびおろし(1360円)。揚げたての車海老が、ぜいたくに丸々1匹入る。大根おろしと一緒に食べるとさっぱり

続きを見る

あんかけスパ発祥の店の個性豊かな味わい方

その独特なソースゆえ、「3度食べれば誰もがハマる」とも言われるなごやめし、あんかけスパ。一般的なパスタと比べるとボリューム感があって食べ応えも抜群!県外ファンも多く、名古屋観光にやってくる人だけでなく、出張メシとしても大人気。しかし、その楽しみ方はスパゲティをすするだけにあらず。あんかけスパ発祥の店、「スパゲッティハウス そ〜れ」でそのバリエーション豊かな楽しみ方を紹介しよう。

あんかけスパを世に広めた老舗「スパゲッティハウス そ〜れ」

1961年に名古屋市中区で創業。親戚と共同経営していた洋食店で、名古屋人好みのミートソースを仕立てようとして完成したのがあんかけソース。コショウたっぷりのトマトをベースとしたソースが特徴だ。1999年に現在の店舗に移転したが、今も地元住民を中心に多くのファンが通う場所として知られている。

玉子ヨセ(950円)。店内で揚げられた豚ロースカツが、ドーンとのる

続きを見る

名古屋に来たらぜひ食べ比べしたい手羽先の名店5選

酒のお供に最適ななごやめしと言えば、アツアツの手羽先唐揚げが定番だ。二度揚げした鶏の手羽先を、それぞれの店舗自慢の特製ダレで味付け。甘辛やスパイシーな味わいなので、自然とビールがすすんじゃう!名古屋に来たらぜひ食べ比べしたい、手羽先の人気店を5つ紹介。

胡椒を効かせたピリ辛味「世界の山ちゃん 本店」

名古屋を代表する手羽先の人気店で、香港や台湾など海外にも出店している。本店は名古屋の繁華街・栄に位置し、ホテルが周辺に多いことから、地元客だけでなく海外からの観光客でにぎわう。

幻の手羽先(1人前5本・486円)。醤油ベースの特製ダレに胡椒を効かせたスパイシーなピリ辛味

手羽先の名店5選の続きを見る

名古屋の喫茶店の定番メニュー!玉子とスパゲティが絡み合う鉄板イタリアン名店6選

トマトソーススパゲティ、半熟玉子、赤ウインナーなど、アツアツの鉄板の上に盛られた鉄板イタリアンは、老若男女に愛されているなごやめしの一つ。元祖や大盛り店など、個性派ぞろいの6店を紹介!

これぞ元祖鉄板イタリアンの味「喫茶ユキ」

高級住宅が多く佇む東区で、1957年に創業した元祖イタリアンスパゲティの店。2018年4月28日にワンブロック北に移転し、より駅近になった。1960年に誕生した鉄板イタリアンの味を、今は2代目が受け継いでいる。具材をケチャップで炒めた後にスパゲティを加え、再びケチャップを投入して仕上げる。

喫茶ユキのイタリアンスパゲティ(650円)。創業者がイタリア旅行の際に考案したとされる

鉄板イタリアンの名店6選の続きを見る

名古屋でラーメンといえばコレ!汗も箸も止まらない台湾ラーメン3選!

実は名古屋発祥のなごやめしである台湾ラーメン。豚挽き肉やニラ、ニンニクなどを唐辛子で辛く味付けして炒めたものがのる。スープは醤油味が主流だ。地元の人が並んででも食べる名店を押さえておこう!

珍しい味噌味が評判「台湾らーめんおか田」

公園など緑が豊かな北区にある。他店では珍しい味噌味の台湾らーめんが1番人気の中華料理店。まろやかな味噌の味わいの中に唐辛子の辛さとニンニクの風味がガツンと感じられる一杯は、飲んだ後の酔い覚ましにもピッタリ。

おか田の台湾らーめん(税抜650円)。あっさりした辛さが基本だが、辛さとニンニクの量は好みで調整可能

台湾ラーメン3選の続きを見る

キング・オブ・なごやめし!ひつまぶしの名店6選

香ばしく焼き上げたウナギを、1杯目はそのまま、2杯目はワサビや海苔を付けてさっぱりと、そして最後はお茶漬けで。1つで3度おいしい、まさにキング・オブ・なごやめしだ。名古屋に来たらぜひ訪れてほしいひつまぶしの名店6選を紹介!

自分好みのサイズでウナギを堪能できる「ひつまぶし う家 名駅店」

名古屋駅直結の商業施設ミッドランドスクエアの東側にある、2016年にオープンした店。恵まれた環境で育った国産ウナギを全国から厳選。ウナギは肉厚でジューシーな大サイズと普通サイズから選べるうえ、メニューが豊富なので、おなかや予算に合わせて自在にチョイス!炭火で焼く香ばしさに、濃厚なタレとモチモチ食感の国産銘柄米が合う。

大ひつまぶし(3410円)。大サイズのウナギを3分の2尾も使用した人気No.1

ひつまぶしの名店6選の続きを見る

名古屋観光TOPへ

まだある厳選!なごやめし

定番なごやめしに加え、名古屋に来たら一度は食べたい絶品グルメを紹介

野菜をじっくり煮込んだとろみのあるあんは、食材や作り手のこだわりにより千差万別の味

その起源は大正末期にまで遡る、なごやめしのスイーツ代表・小倉トースト

薄い麺から作るため熟練の技術が求められるなごやめしの重鎮・きしめん

小さなエビの天ぷらが入るミニサイズのおにぎりは、今やなごやめしになくてはならない存在

ドリンク代だけで、トーストや卵はもちろん、おかずまで付いてくるお得なセットが魅力

なごやめしの中でも異端のルーツを持つエビフライ。見た目も味もビックリな4店

煙と熱気がムンムン!!名古屋で外せないとんちゃん5店

なごやめしを一気に食べられるなごやめし居酒屋4選

1969年、高度経済成長期の労働者を支えるべく誕生したなごやめし!

八丁味噌ベースで煮込むものと、醤油出汁で煮た関東炊きに味噌をかけるものと2種類ある味噌おでん

なごやめしに不可欠な味噌グルメの代表格といえば味噌カツ

唐辛子や花椒の刺激がクセになる名古屋の2大担々麺

満腹必至!名古屋で人気のデカ盛りG系ラーメン

2017年にオープンし、ラーメンフリークたちから熱視線を集めた5店をセレクト

喫茶王国・名古屋で食べたい喫茶店のタマゴサンド4選

ボリュームたっぷりの具だくさんサンド

昭和を知らない若者たちを中心に人気を博すレトロ喫茶4選

食感も旨味も個性が光る!名古屋で出合えるピザ3選

ランチ限定でステーキがリーズナブルに楽しめる2店

おいしさ、センス、コスパの三拍子が揃った4店を厳選ピックアップ

老若男女に愛されるおなじみのメニューながら、店ごとのこだわりが実に奥深い焼鳥が自慢の店

”味噌カツ”ではない、オーソドックスな絶品カツ丼2店

名古屋エリアで愛される麻婆豆腐の2大巨頭を紹介

三河地鶏や名古屋コーチンに代表されるおいしい鶏肉と卵が味わえる

ニューヨークで人気のスタイルを名古屋で!サラダボウルが楽しめる店4選

味噌だけじゃない!老舗の味からモダンな進化系まで、絶品おでん4選

名古屋の個性的なスパイスカレー5選

各国から上陸してきたボリュームたっぷりの食事パン5選

行列&混雑必至でも絶対に見逃せない厳選4店

名古屋にきたらぜひ頬張っておきたいサンドイッチ

地元で長年にわたって愛され、古きよき時代の雰囲気を醸し出すノスタルジー洋食店

昔から変わらぬ味で地元の人々の胃袋を満たし続けるノスタルジー食堂3選

昔ながらの空間と地元の味を堪能できる、郷愁あふれる老舗居酒屋3店

厳選!なごやめし~名古屋で食べたい絶品グルメ

なごやめしの定番、きしめん、ひつまぶし、味噌カツ、台湾ラーメン、小倉トーストなどをはじめ、観光で名古屋を訪れる時にはずせない絶品名古屋グルメを厳選して紹介します