北海道のフライドポテト専門店の味がおうちで楽しめるチャンス!こだわりの味を堪能しよう

2020年5月19日 18:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道のフライドポテト専門店「ASOMBROSO hand cut fries」(アソンブロッソ ハンドカットフライズ)が、応援購入サービス「Makuake」にて、こだわりがたっぷり詰まった「北海道男爵ハンドカットフライズ」の先行販売予約を受付中。おうちで専門店の味を楽しむことができるチャンスだ。

【写真】看板メニューの「北海道男爵ハンドカットフライズ」。キッチンカーの提供カップもおしゃれ


「Makuake」は、新しいアイデアの商品や体験をサポーターとして“応援購入”できるクラウドファンディングサービス。「ASOMBROSO hand cut fries」は、5月16日時点で当初の目標金額の約3.7倍を売り上げる程の人気ぶりを誇っている。今回購入できるのは、看板メニューの「北海道男爵ハンドカットフライズ」の冷凍版。届いたフライドポテトをおうちで揚げるだけで、本格的な味わいに。

こだわりは、ファーストフード店などのフライドポテトの多くが外国産のジャガイモを使用している中、地元農家の「湯地の丘 自然農園」から仕入れた北海道産のジャガイモを使用していること。北海道栗山町の自然の中で、できるだけ農薬を使わずに作った男爵を、こだわりの油でハーブと一緒に揚げることで、外はカリッと、中はホクホクの絶品フライドポテトに仕上げている。

ジャガイモは北海道男爵を2日以上熟成してから使用

仕上げにローズマリーを3秒ほど一緒に揚げるのがポイント。ローズマリーは今回の販売セットにも同封


今回は、「冷凍北海男爵ハンドカットフライズ」をそれぞれ500グラム(2~3人前・3000円)、1キロ(5人前・4000円)、10キロ(32000円)のセットにして発売。すべて、北海道夕張郡栗山町にある店舗、またはキッチンカーで使えるチケット1枚がついてくる(キッチンカーの出店情報は公式サイトでチェック)。普段は店が遠くて食べに行けない人や、外出をなるべく控えている人にもぴったりだ。

店舗ではプレーン以外にもさまざまな味を用意。おうちでマネしてもいいかも

油は低温と高温を使い分け、絶妙な食感に


食べてみれば、きっと日頃食べ慣れているフライドポテトとの違いを実感できるはず。この機会に、専門店のこだわりのフライドポテトの味を楽しもう!商品は個数が限られているので、早めに手に入れて。

※商品は品切れの場合あり
※価格はすべて税込み

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る