半年で2万個販売!札幌のバスクチーズケーキ専門店「GOZO」がオンラインで先行予約受付中

2020年6月18日 21:43更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道・札幌のバスクチーズケーキ専門店「GOZO」が、同店の看板商品であるバスクチーズケーキのオンライン販売をスタート。応援購入サービス「Makuake」で先行予約受付中だ。同店の道外向けの展開は今回が初となる。

GOZOのバスクチーズケーキ

GOZOが札幌市円山にオープンしたのは2019年10月。北海道・日高の乳製品メーカー、日高乳業のチーズと生クリームを使用した、外はしっかり、中はとろとろ食感のバスクチーズケーキが評判を呼んで、開業から半年足らずで2万個を売り上げた。

新たな冷凍設備の導入で、通常のネット販売の実現を目指す

これまでにもギフトや遠方への発送の要望を多く受けていたが、通常の冷蔵・冷凍発送では食感や味のバランスが保てないことから、ネット販売を行ってこなかった。今回、遠隔地にも商品を届けるために必要な冷凍設備の導入を目指して、新しいアイデアの商品や体験をサポーターとして“応援購入”できるクラウドファンディングサービス「Makuake」での予約販売を開始。開始12時間で当初の目標の3倍以上である100万円超を売り上げた。

【写真】外はしっかり、中はとろっ!バスクチーズケーキの断面

Makuakeでの応援購入では、6~8人前サイズの15cmバスクチーズケーキ(税込6000円)、15cmバスクチーズケーキと北海道ブルーチーズを使った9cmバスクチーズケーキ(1~2人前サイズ)の食べ比べセット(税込7500円)、15cmバスクチーズケーキとシーズンごとのオリジナルフレーバーバスクチーズケーキのセットが3カ月に1度、計4回届く季節のフレーバーセット(税込3万円)などが購入可能。そのほか、札幌市内で開催予定の新フレーバーお披露目会への参加をセットにした、地元民向けのプランも用意されている。

いずれもMakuake限定で、バスクチーズケーキによく合うアイヌネギの塩5gが付属。バスクチーズケーキに塩をつけて食べる本場の文化が手軽に体験できる。

札幌以外の地域からもバスクチーズケーキが購入可能に

北海道の素材を活かしたバスクチーズケーキの濃厚な味わいが、全国どこにいても楽しめるこの機会。予約受付期間は7月17日(金)までなので、気になる人はぜひチェックしてみよう。

※各商品は品切れの場合あり
※情報は6月18日時点のものです。内容には変動の可能性がありますのでご了承ください。また、施設・店舗の最新の営業状況については公式サイト等をご確認ください。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る