【福岡】あっさりなのに奥深い極上スープ!「佐渡友」の直球派魚介ラーメン

2018年1月16日 15:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「子供から大人まで安心して食べられる味」を追求し、化学調味料を一切使わないラーメンを提供する「佐渡友(さどとも)」(福岡市東区)。

店主は豚骨ラーメンのお店でラーメン作りを経験。その後、体に良いラーメンを作ろうと、福岡市の中華そばの老舗で3年修業し、理想のラーメンにたどり着いたという。

【写真を見る】中華そばの老舗で修業したのち、理想のラーメンを追及した店主

【写真を見る】中華そばの老舗で修業したのち、理想のラーメンを追及した店主

基本は約5種の野菜と鶏ガラ、そしてカツオと昆布で取った和ダシを合わせたダブルスープ。もちもちの自家製麺とよく絡む。サバやカツオが入った醤油ダレ、仕上げにかけるカツオ油と、魚介をフル活用した「醤油らー麺 魚介ガツン!!」(700円)が人気だ。

魚粉はトッピングとして増量も可能

魚粉はトッピングとして増量も可能

ほかにも、あっさりとした「醤油らー麺」(600円)、豚の背油と香味油を使った「醤油らー麺 こってり!」(680円)がある。それぞれ味わいが異なるので、自分好みの一杯を見つけよう。

醤油らー麺 魚介ガツン!!(700円)

醤油らー麺 魚介ガツン!!(700円)

すべての画像を見る(4件)

【おすすめの一杯!】醤油らー麺 魚介ガツン!!(700円)。看板メニューのベーシックな醤油ラーメンに、イワシとサバの魚粉が入り、魚介の旨味をより醸成させる。背脂をトッピング(+50円)するのもおすすめ。

【ラーメンデータ】<麺> 中細 / 角 / ストレート(130g) <スープ> タレ / 醤油:仕上油 / カツオ油:種類 / 鶏ガラ+魚介(節系)

モダンな外装が特徴

モダンな外装が特徴

[ 麺や 佐渡友 ] 福岡県福岡市東区三苫6-13-38 / 092-410-3542 / 11:00~15:00、17:00~20:00(LO 19:30)※売切れ次第終了 / 不定休 / 28席(カウンター4、テーブル24)

【九州ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る