【長崎】本店の味を継承しながら“長崎らしさ”を表現!行列ができる人気店「長崎大勝軒」

2018年1月27日 16:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

つけ麺の元祖「旧東池袋大勝軒」からのれん分けした、九州で唯一の直系店「長崎大勝軒」(長崎市大黒町)。特性ダレがウリのつけ麺を求めて、昼時は行列ができるほど人気だ。

長崎限定メニューの「ぶたラーメン」(750円)

開店当初は本店の味を再現していたが、「こってりした豚骨ラーメン」の文化が強い九州の人の舌に合わせて、本店の味を継承しつつ、長崎独自の味を研究して今のスタイルへと発展した。

【写真を見る】自家製麺。つけ麺は太麺、ラーメンは細麺という2種類を使い分ける

定番のつけ麺はもちろん、二段仕込みの濃厚な豚骨スープが楽しめるラーメンも好評。また、つけ麺は太麺、ラーメンは細麺という2種類を使い分ける、自家製麺も長崎店だけの特徴。130gの豚肉がのった「ぶたラーメン」(750円)など長崎限定のメニューもある。九州ならではのこってり感を堪能しよう。

特製もりそば 900円(写真は味噌入り+100円)

全ての画像を見る(4件)

【おすすめの一杯!】特製もりそば900円(写真は味噌入り+100円)。通常のスープに、3種の味噌と数種の野菜をブランドした濃厚な味噌ダレをプラスするのがおすすめ。400g入る自家製の太麺とタレがよく絡み、食べ応え十分。

【ラーメンデータ】<麺> 太 / 角 / ストレート(400g) <スープ> タレ / 醤油:仕上げ油 / 鶏油:種類 / 豚骨・鶏ガラ

昼間は行列が出来るほどの人気っぷり

[ 長崎大勝軒 ] 長崎県長崎市大黒町8-3 / 095-823-7256 / 11:15~14:00、18:00~22:00(土曜・日曜・祝日は~21:00) / 月曜休み※昼のみ不定 / 14席(カウンターのみ)

【九州ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る