ラーメンWalker東京が太鼓判!「令和生まれの超新星」が早くも行列店に

2020年1月4日 19:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年末〜2019年も多くの新店が産声をあげた、ラーメン首都・東京。歴史に名を残すであろう実力派から、人気店の新たな挑戦、異業種が手がけるニューウェーブ麺まで、新時代をけん引する期待の新店が続々と誕生した。今回はなかでも最も注目しておきたい、オープン直後からすでに行列店の仲間入りを果たした店を紹介。新時代を担うスーパールーキーを刮目して見よ!<※情報はラーメンWalker東京2020より>

「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」(雑色) / 2019年5月1日オープン

シジミの旨味と香りが余韻に残る、コハク酸たっぷりの滋味豊かなスープ

シジミの旨味と香りが余韻に残る、コハク酸たっぷりの滋味豊かなスープ

すべての画像を見る(4件)

島根県・宍道湖(しんじこ)産の大和シジミを惜しみなく使ったスープが評判を呼び、瞬く間に行列店の仲間入り。スープにシジミの旨味成分であるコハク酸が溶け出した一杯は、胃に染み渡るような優しい味わいで、喉元に深い余韻を残す。店主・岩田裕之さんは「お酒を飲んだあとのシメにもおすすめな、シジミの旨味を前面に押し出したラーメンです。シンプルで味わい深いスープにするため、素材もこだわり抜いています」と話していた。

【写真】3種のチャーシューを載せた「特製 中華蕎麦<醤油>」

【写真】3種のチャーシューを載せた「特製 中華蕎麦<醤油>」

なかでも、同店のこだわりである漁師から仕入れる宍道湖のシジミをたっぷりと使った「宍道湖しじみ中華蕎麦<塩>」(800円)は必食。厳選した地鶏の丸鶏とガラを炊いた動物系スープと、コハク酸たっぷりのシジミスープをブレンド。まろやかな塩ダレがスープを生かしている。このほか、「特製 中華蕎麦<醤油>」(1050円)もおすすめ。複数の醤油をブレンドして作るタレはコク深く、シジミの旨味にマッチ。さらに3種類のチャーシューを載せた。

こだわりの宍道湖の大和シジミ

こだわりの宍道湖の大和シジミ

<住所:大田区西六郷2-1-3 / 時間:11:30〜14:30(LO)、18:00〜21:00(LO) / 休み:日曜・祝日>

早くも人気店となった「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」の名物は、今年ぜひ食べておきたい一杯。自宅のリビングをイメージした店内でくつろぎながら、最高の一杯を召し上がれ。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る