小野小町ゆかりの寺に精進料理!醍醐寺周辺を3時間半で巡るおすすめ観光コース

2016年11月18日 19:41更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カエデやイチョウなどの落葉広葉樹が多く、美しい紅葉が広がる名刹・醍醐寺は、京都の人気観光スポット。その周辺には、小野小町ゆかりの隨心院や、醍醐天皇が創建した勧修寺など見どころがたくさん。そこで、醍醐寺周辺を3時間半で巡る、編集部おすすめのモデルコースを紹介しよう!【トータル3時間32分/歩行時間47分/拝観見学料2000円】

<1(所要時間60分)>山全体が境内の真言宗醍醐派の総本山“醍醐寺”

秀吉の設計した庭園や国宝の表書院や唐門など、安土桃山時代の華やかな雰囲気をいまに伝える優美な三宝院/醍醐寺

秀吉の設計した庭園や国宝の表書院や唐門など、安土桃山時代の華やかな雰囲気をいまに伝える優美な三宝院/醍醐寺

すべての画像を見る(4件)

弘法大師の孫弟子に当たる、聖宝理源大師が醍醐山上に准胝、如意輪の両観音像を安置したのが始まりとされる、真言宗醍醐派の総本山である醍醐寺。標高約450mの山全体が寺域で、山上の上醍醐、山麓の下醍醐に大きく分けられる。カエデやイチョウなどの落葉広葉樹が多く、美しい紅葉が広がり、薬師堂や五大堂など真言密教の神秘的な雰囲気に包まれた上醍醐に対し、下醍醐は金堂、五重塔など国宝、重文を含む80以上の伽藍が立ち並ぶ。

【↓次のスポットへは徒歩すぐ】

<2(所要時間45分)>“雨月茶屋”で醍醐山に伝わる独特の料理を!

【写真を見る】お造り、八寸、炊き合わせなどがセットの精進料理「雨月」(1620円)/醐山料理 雨月茶屋

【写真を見る】お造り、八寸、炊き合わせなどがセットの精進料理「雨月」(1620円)/醐山料理 雨月茶屋

醍醐寺境内にある「醐山料理 雨月茶屋」では、醍醐山内で採れる山菜を中心とした料理が楽しめる。お造り、八寸、炊き合わせなどがセットの精進料理「雨月」(1620円)のほか、麺類などが多彩にそろう。

【↓次のスポットへは徒歩15分】

<3(所要時間30分)>小野小町が晩年を過ごした“隨心院”

小野小町ゆかりの門跡寺院として知られ、境内には実際にここの水を使って化粧をしていたと言われる「化粧の井戸」などがある/隨心院

小野小町ゆかりの門跡寺院として知られ、境内には実際にここの水を使って化粧をしていたと言われる「化粧の井戸」などがある/隨心院

真言宗善通寺派の大本山である“隨心院”。小野小町ゆかりの門跡寺院として知られ、境内には実際にここの水を使って化粧をしていたと言われる「化粧の井戸」などがある。

【↓次のスポットへは徒歩15分】

<3(所要時間45分)>平安様式を残す庭園が見事な“勧修寺”

東山を借景とした約2万平方メートルもの広さの池泉舟遊式庭園「氷池園」など見どころがいっぱい/勧修寺

東山を借景とした約2万平方メートルもの広さの池泉舟遊式庭園「氷池園」など見どころがいっぱい/勧修寺

醍醐天皇が母の菩提を弔うために創建された勧修寺。東山を借景とした約2万平方メートルもの広さの池泉舟遊式庭園「氷池園」や、徳川光圀の寄進と伝わる勧修寺灯籠など見どころがいっぱい。【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る