ファンヒヤヒヤのギリギリシーンも!?「名古屋行き最終列車2017」完成披露試写会に松井玲奈が登場

2017年2月3日 22:11更新

東海ウォーカー 奥村沙枝奈

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
完成披露試写会にはなんと3300名もの応募があり当選倍率は22倍!その中から選ばれた幸運な「名古屋行き最終列車」ファンと一緒に

完成披露試写会にはなんと3300名もの応募があり当選倍率は22倍!その中から選ばれた幸運な「名古屋行き最終列車」ファンと一緒に

すべての画像を見る(16件)

2012年より毎年放送されているスペシャルドラマ「名古屋行き最終列車」(メ~テレ、深夜0:20~)が今年も2月6日(月)から放送される。「名古屋行きの最終列車」を舞台にした、笑いあり涙ありの地元密着型ドラマだ。

2017年2月3日には、名古屋市中村区のミッドランドスクエアシネマで完成披露試写会が行われ、初回から5年間にわたって主演を務める松井玲奈が登壇。この日は節分当日ということもあり、豆(落花生)まきをしながらの登場となった。

【写真を見る】恥ずかしそうに豆まきをしながら登場した松井玲奈

【写真を見る】恥ずかしそうに豆まきをしながら登場した松井玲奈

はじめは恥ずかしそうだったが、豆を楽しそうに巻く松井玲奈

はじめは恥ずかしそうだったが、豆を楽しそうに巻く松井玲奈

「鬼は~そと!」「福は~名古屋行き最終列車!」とオリジナル(?)の掛け声も

「鬼は~そと!」「福は~名古屋行き最終列車!」とオリジナル(?)の掛け声も

5年目となる今回の撮影を、なぜか4年目だと思って取り組んでいたという“天然”エピソードを暴露したほか、自身のお気に入りのシーンについて聞かれると「今回共演させていただいたハマケン(浜野謙太)さんが、グレーのスウェットで登場するシーン。詳しくは言えないんですが、観たらきっと『あぁ!』ってわかってもらえると思います」と語った。

本シリーズ5年連続で主演を務める松井玲奈が登壇。お気に入りのシーンを語った

本シリーズ5年連続で主演を務める松井玲奈が登壇。お気に入りのシーンを語った

上映後の囲み会見では、ファンの反応を見て「ここで笑うのか!と発見がたくさんあった。自分も初めて観ましたが、楽しめました」と感想を述べた。また、“ファンはヒヤヒヤしてしまうような”とあるシーンの撮影で「足の裏にホクロがあるのがばれてしまったのが一番恥ずかしかった!」と赤面。当日まで足の裏の撮影があることを知らされていなかったようで、監督の話では「撮影があるってわかっていたらもっとキレイにケアしてきたのに~!」とかわいらしい発言をしていたそうだ。

このドラマシリーズは、名古屋市内のラーメン店やカフェ、歯科医院など東海エリアの各地に加え、実際に走行する名鉄(名古屋鉄道)電車の車両や駅でのロケが最大の特徴。毎回、名古屋鉄道の全面協力のもと、終電後や始発前に撮影されている。

実際に走行する名鉄の車両内でも撮影が行われた

実際に走行する名鉄の車両内でも撮影が行われた

同作品は、4夜連続放送。各話で主人公が異なり、それぞれ前作のストーリーの続きが描かれている。主人公を松井玲奈が演じるストーリーでは、朝ドラなどでブレイクした浜野謙太も登場する。

トロンボーンを弾く浜野謙太とそれに聞き入る松井玲奈。浜野謙太の役どころとは…?

トロンボーンを弾く浜野謙太とそれに聞き入る松井玲奈。浜野謙太の役どころとは…?

そのほか、六角精児、大杉蓮、吹越満と松下由樹といった豪華俳優陣が主演を務め、ボイメン(BOYS AND MEN)の小林豊も本人役で出演。

「見終わったあとに、心温まる“ハートウォーミング”なストーリー」(松井)をぜひチェックしよう。【東海ウォーカー/奥村沙枝奈】

松井玲奈は放送初回より5年連続で主演を務める

松井玲奈は放送初回より5年連続で主演を務める

「名古屋に行くとホッとする」という六角精児は車掌役で出演!

「名古屋に行くとホッとする」という六角精児は車掌役で出演!

ラーメン店を辞めたはずの今村(大杉蓮)がなぜラーメン店の厨房に!?浪岡一喜も登場

ラーメン店を辞めたはずの今村(大杉蓮)がなぜラーメン店の厨房に!?浪岡一喜も登場

吹越満と松下由樹演じる夫婦に事件が起こる!

吹越満と松下由樹演じる夫婦に事件が起こる!

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る