もし副業するなら?チャレンジしたい職種に「地域起こし」「動画編集」がランクイン

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

未経験の職種であっても、副業としてなら挑戦しやすいと感じる人は多いのではないだろうか。総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社が運営する副業人材マッチングサービス「lotsful(ロッツフル)」 が副業に関する調査を実施し、副業でチャレンジしたいと思う職種のランキングを発表した。

副業マッチングサービス「lotsful」が副業傾向調査を実施

1位は事務・アシスタント。地方副業に関心も

未経験でチャレンジしたい職種は「事務・アシスタント」が1位

「未経験でチャレンジできるとしたらどのような副業をしてみたいか?」と質問したところ、1位は「事務・アシスタント」、2位は「地域おこし」、3位は「動画編集」という結果だった。

性別・年代別では、30代、40代男性で「地域おこし」が1位に。30代以上の女性でも上位3位にランクインし、地域貢献や地方副業への関心が高いことがわかった。

また、男性は「企画・商品開発」や「エンジニア」が、女性では「編集・ライター」「SNS」「デザイナー」があがるなど、性別による差異も見られた。

副業したい企業、ポイントは「リモートワーク」と「事業領域」

20代男女が副業したい企業の特徴は「リモートワーク可」

「副業をするとしたら、どのような企業で働きたいか?」という質問に対して、1位は「リモートワーク可」、2位は「興味のある事業領域」、3位は「組織の雰囲気が良い」という結果だった。性別・年代別では30代、40代男性と40代女性では「興味のある事業領域」が1位。20代、30代男性では「成長している企業」もランクインした。

副業したくない企業の特徴で多かったのは「人間関係」と「離職率の高さ」

一方で、副業をしたくない企業の特徴として「リモートワーク不可」や「事業領域に興味を持てない」をあげた回答者は少なかった。「人間関係が合わない」が最も多い回答となり、次いで「離職率が高い」、3位は「ワンマン経営」という結果に。男性は20代、30代が「離職率が高い」、40代が「人間関係が合わない」と答えた人が最も多く、女性では、20代が「ワンマン経営」、30代、40代が「人間関係が合わない」が最多となった。副業とはいえ、働きやすい環境を求めるのは、通常の仕事探しと変わらないようだ。

プロジェクト型の案件も。副業を後押し

今回の調査について、担当者に話を聞いてみた。

「(今回の調査の狙いは?) 世の中に人気職種ランキングなどはたくさんあるものの、副業を切り口としたランキングは珍しいと思います。lotsfulではほぼ毎月、副業のリアルをお届けしようと調査を実施しています。世相を読み解くことで、副業を取り入れたい企業の参考にもなるのではと思っています。また、副業を始めたいけれど、なかなかチャレンジできない方への背中を押すことになるのではと考えています」

「(ユーザーへのメッセージは?)lotsfulは、商店街の活性化を考案するなどプロジェクト型の副業案件も取り扱っております。先日も日本郵政グループ初となる副業案件を独占で扱うことになったりと稀有なポジションを確立しています。まずはサイトをのぞいてみてください」

【調査概要】
・調査手法:インターネットリサーチ
・調査地域:全国
・調査対象:全国の企業に勤める会社員20~40歳代の男女
・調査期間:2022年11月17日(木)~11月23日(水)
・対象人数:670人

文=伊藤めぐみ

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る