昇給分は何に使う?20代を対象にアンケート、「貯金」が最多

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

物価高や人手不足を背景に、「定期昇給」や基本給を底上げする「ベースアップ」など、賃上げに積極的な企業が増えている。日本労働組合総連合会が公表した、今春闘での正社員の平均賃上げ率は約30年ぶりの高水準となる平均3.69%だった。転職サイト「Re就活」の運営などを行う株式会社学情は、20代の社会人236人を対象に「給与」「初任給」に関するアンケートを実施。昇給した分の使い道は「貯金」と回答した人が最も多かった。


昇給分は将来のために「貯金」、次いで「生活費」

昇給した分を何に使いたいですか?(複数回答可)

2023年4月に昇給した20代を対象に、「昇給した分を何に使いたいですか?」と聞いたところ、「貯金」が最も多く51.9%。次いで「生活費」36.6%、「趣味」32.8%、「自己投資」26.8%だった。

「結婚などライフステージの変化に応じてお金が必要になるので、将来のためにお金を貯めたい」「将来が不安なので、貯金は持っておきたい」「物価高で光熱費や食費が上がっているので、生活費に充てたい」「20代は将来のために自分自身を成長させることが必要だと思う。必要な自己投資をして、キャリアアップや年収アップを目指したい」などの声が上がった。

初任給の使い道も「貯金」が最多

初任給は何に使いたいですか?(複数回答可)

4月に社会人になった人をに初任給の使い道を聞いたところ、「貯金」が最多の52.8%。次いで「家族へのプレゼント」43.4%、「自己投資」22.6%、「自分へのプレゼント」18.9%だった。「社会人1年目から貯金をしていきたい」「今後の生活や、ライフステージの変化で必要になるお金を貯めていきたい」「お世話になった家族に感謝の気持ちを伝えたい」「社会人になった節目でしっかり感謝の気持ちを形にして伝えたい」といった声が寄せられた。

昇給した人も新社会人になった人も、貯金する人が最も多いという結果に。賃上げする企業が増えても、生活防衛意識は依然として高いようだ。

■調査概要
調査期間:2023年4月7日~4月17日
調査対象:20代社会人(20代専門転職サイト「Re就活」/Webメディア「20代の働き方研究所」のサイト来訪者)
有効回答数:236人(2023年4月に昇給した20代:183人/2023年4月入社の新社会人:53人)
調査方法:インターネットでのアンケート調査

文=伊藤めぐみ

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

ページ上部へ戻る