“自動販売機で購入できたらいいと思うもの”ランキング!レイングッズ、避妊具・避妊薬、ご当地オリジナルグッズがランクイン

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

自動販売機の販売&運用支援「KAKUDAI」サービスを提供する株式会社ダイレクト・ホールディングスは、全国20代~60代の男女に「自動販売機についての調査」を実施。直近1年以内に自動販売機の利用をしたことがある全国の1万1041人に、「自動販売機で購入できたらいいなと思うもの」について聞いてみた。


自動販売機で購入できたらいいものランキング!

「自動販売機で購入できたらいいなと思うものは?(複数選択可)」を調査し、調査結果を基にランキングを作成した。

【ランキング画像】自動販売機で購入できたらいいなと思うものは?


まずはトップ3位を発表。
1位『サンドイッチ・サラダなどの軽食』
2位『缶詰・カップ麺などのインスタント食品』
3位『傘(日傘含む)・レインコートなどの天候対応用品』

購入ができたらいいなと思うものに関しては、1位と2位で軽食やインスタント食品と食品類がランクインした。「自動販売機=飲料」のイメージがまだまだ多い自動販売機業界で、食品類の需要が高いことが垣間見れる結果となった。続いて3位にランクインしたのは『傘(日傘含む)・レインコートなどの天候対応用品』。突然の天候の変化による需要が高いことがわかる。

4位以降のランキングは『ティッシュ・電池などの日曜消耗品』『医療・医薬品(風邪薬・鎮痛剤など)』『ご当地などのオリジナルグッズ』『USB・充電器などのガジェット類』『医薬・医療品』『女性用衛生用品』『文房具』『避妊具・避妊薬などの管理医療品』と続く。

『ご当地などのオリジナルグッズ』は、限定品など自動販売機を通して購入体験ができることで既に導入している観光地も多い。ガチャ要素がある自動販売機もオリジナルグッズの自動販売機で多く目にする。『避妊具・避妊薬などの管理医療品』は昨今話題になっている緊急避妊薬(アフターピル)に関連しているだろう。緊急避妊薬は、性交後72時間以内に内服する必要性があり、迅速な対応が求められるものの、地方において産婦人科を受診しにくい状況や、オンライン受診などが出来ても購入できる場所がないなどの課題が多く残されている。

今回の調査について担当者に話を聞いてみた。

「(今回の調査の狙いは?)ここ最近、今までの想像を遥かに超えた多種多様な商品が自動販売機で販売されています。飲料用自動販売機から、『無人のスモール店舗』という新しい販売チャネルへと進化し、マーケットが拡大しています。そこで、消費者の皆さんが自動販売機で買えたら嬉しいものを可視化していきたいと思い調査をしました」

「(今回の調査結果のイチオシは?)注目したいポイントは、上位に入った『ご当地オリジナルグッズやキャラクターグッズなどの限定品』です。ここ最近復活してきているインバウンド需要の獲得は、観光エリアにとって、また地域にとって戦略的に進めたいポイントですが、ローカルエリアでの人手不足などさまざまな課題が続出しています。自動販売機を活用することにより、ご当地限定品やお土産を観光施設や交通施設などで24時間販売することができ、インバウンド需要の機会ロスを圧倒的に減らすことが可能です。人手不足問題も解決できます」

「(ユーザーへのメッセージは?)今後さらに全国各地で多種多様な驚きの商品が自動販売機で販売されていくようになると思います。自動販売機を見て欲しいと思った商品があったら、その場で購入ボタンを押して商品と刺激を楽しんでもらえたらと思っています」

今回の調査結果はこのような観点からの需要だと言えるだろう。いざとなった際に、あったらいいなを実現できる自動販売機の今後の拡大を予想させる。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

ページ上部へ戻る