「二世代消費」「二世代推し」がアラフィフ女性のトレンド?子ども世代の存在が消費や行動に影響か

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

株式会社アットテーブルは、株式会社キャリア・マムとの協業で、50代前後の女性を中心にアンケートを実施。流行していると感じるスイーツ、グルメ、好きなアニメ・漫画、推し活などの興味関心ごとをトレンドランキング形式で発表した。

2023年上半期、50代前後の女性が選ぶトレンドランキング


【調査概要】
調査時期:2023年5月9日(火)~5月18日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象:キャリア・マム会員
有効回答数:有効回答数:300人(45歳~64歳女性)(全国)

流行スイーツのランキングは?

直近1年で「流行っている」と感じたスイーツの1位はカヌレ、2位は台湾カステラで、3位がフルーツサンドだった。それに続き、お芋スイーツ、グミ、ドーナツなどが人気を集めた。最近の流行スイーツに関してトレンド感度が高いことがうかがえる。

【写真】スイーツのトレンド、生カヌレ、台湾カステラ、フルーツサンドが上位に


流行グルメの傾向は?

直近1年で「流行っている」と感じた料理の1位がオートミールで半数以上、次いでルーローハンや韓国インスタント麺、完全栄養食などが人気を集めた。こちらもすでに店頭でよく見かける商品であったり、子どもの代理購買や子どもと買物などに一緒に出かけたりすることが、認知のキッカケとなっていると考えられる。

店頭でも見かける商品がランクイン


好きなアニメ・漫画のトレンドは?

直近1年で見たアニメや漫画のアンケートで回答されたものの半数が、深夜帯に放映されている番組。コロナ禍を経て、自宅で家族と過ごす時間が増えたことや、サブスクリプションの動画配信サービスの浸透から、子どもが見ているアニメに触れる機会が増えた可能性も考えられる。また、この世代はアニメブームで育った世代で、若い頃からアニメ・漫画に興味があり、親しみがある層でもある。このような傾向から、アニメ・漫画=子ども、若年層ではなく、オール世代にアピールが可能ということが、うかがえる。

アニメや漫画のランキング結果


推しの「アイドル」「アーティスト」は?

回答者の50%以上に推しの存在がいることがわかった。この世代の推しの特徴としては、アイドルでは圧倒的にバラエティ番組やドラマなどで露出が多いジャニーズ事務所所属のSnow Man、King&Prince、目黒蓮、嵐、なにわ男子などが多い傾向に。次いでBTS、SEVENTEENなどの韓国アイドルグループの名前があがっている。ここでも子どもと一緒にテレビやメディアを見て過ごす時間が多く、その影響から母娘そろって同じアイドルを推す「二世代推し」の傾向がみられる。

また推しのアーティストに関しては、ランキングにみられるようにいずれも直近のテレビドラマの主題歌に起用されており、この世代のテレビ視聴率の高さも影響していることがうかがえる。

バラエティ番組やドラマなどで露出の多い人がランクイン


アンケート回答者の属性&特徴

回答者の7割近くが就労者で、全体の50%前後が中学~社会人までのトレンドに敏感な世代の子どもがいるということが、アンケートからわかった。

50代前後の女性は家族の影響もあり、トレンドにも敏感


社会との接点も比較的高く、トレンドに敏感な子どもを持つ世代が多いことから、トレンドにもある程度敏感で、なおかつ子ども世代の影響を大きく受けていることも推察される。

普段、情報収集の際に活用している媒体は?

情報収集の媒体は、「ポータルサイト」「テレビ」「YouTube」が上位。次点で「Instagram」「LINE」「Twitter」などのSNS・コミュニケーションアプリが続く。

特徴的なのは若年層が「Instagram」「LINE」「Twitter」などのSNSでの情報収集がメインになる傾向に対して、今回調査の年代では「ポータルサイト」「テレビ」のスコアが高くなる傾向となった。

情報収集の際に活用する媒体とは?


調査結果概要

50代前後の女性の“はやり”の感覚に関しては、スイーツや料理については市場の流行の感覚と合致。特にスイーツについては、比較的、新しい部分までおさえていたことが印象的である。

“推し”に関しては、キャラクターや作品など人物に限らず「いる」と答えているのが58.3%と過半数以上となった。子ども世代の影響もあるようで、子ども世代が好むアイドルの推しが多いのが印象的だ。アーティストも同様に子ども世代と一緒に視聴しているであろうドラマ主題歌からの影響を受けている傾向がみられる。

今回の調査から50代前後の女性は、就労率の高さもあり社会との接点が多く、情報なども入りやすい環境にあるとうかがえる。また流行に敏感な子どもを持つ家庭では、子どもとの距離感が近く、子ども世代の流行、トレンドをかなり早い段階で取り入れており、それが消費や生活動向に影響を与えていると考えられ、これが「二世代消費」「二世代推し」などにつながっていると思われる。

50歳以上の女性の人口は、全女性人口の半数以上に


人口統計によると、50歳以上の女性の人口は、全女性人口の半数以上に。今後の市場をリードするであろう新しい購買層である50代前後の女性市場の流行は、今後ますます目が離せない。

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る