携帯代が支払えないときどうする?原因から対処法までランキング形式で発表

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

携帯代が払えなくなったときの原因やリスク、対処法について株式会社ビズヒッツが運営する“ビジネス上の問題解決を考えるメディア”「Biz Hits」がアンケート調査を実施。携帯代を払えなくなった経験がある282人の回答をもとにランキング形式で紹介する。

「携帯代を払えないときの対処法」調査概要
調査対象:携帯代を払えなくなった経験がある人
調査期間:2023年8月17日~31日
調査機関:自社調査
調査方法:インターネットによる任意回答
有効回答数:282人(女性151人/男性131人)
回答者の年代:20代 21.6%/30代 37.3%/40代 28.0%/50代 11.7%/60代以上 1.4%

「携帯代を払えないときの対処法」調査


携帯代が払えなくなった主な要因は失職や過剰な支出

【画像】携帯代が払えない理由

携帯代を払えなくなった経験がある282人に「払えない理由」を聞いて最も多かった答えは「仕事・収入がない(60人)」の回答。以下、「趣味・娯楽にお金を使った(37人)」「ギャンブルで使ってしまった(26人)」「予想より請求額が高かった(24人)」と続く。仕事がなくなったことで生活費全体の支払いに困り、携帯代の支払いも苦しくなった人が最も多かった。一方で、趣味やギャンブルに過剰な出費を重ねてしまい、携帯代の支払いに充てられなくなったという回答も少なくなかった。

<1位 仕事・収入がない>
最多となったのは、失業や転職のはざまであることが要因という回答。無収入の期間が長くなったこと、転職時に新しい職場からの給料が入るまでの期間が空いてしまったことが生活を苦しくさせ、携帯代の支払いにまで影響が及んでいる。

・派遣社員の契約が終了し、次の仕事がなかなか見つからず、無収入の時期が続いたから(25歳 女性)
・会社を退職したためです(31歳 男性)
・急に解雇され、手持ちがなくなってしまった(49歳 女性)

<2位 趣味・娯楽にお金を使った>
ゲームや占いなどの趣味にお金を使いすぎてしまったという回答も多かった。時には趣味にお金を使うこともリフレッシュにつながる重要なことではあるが、生活費に影響が及んでしまうと本末転倒。趣味の在り方を見直すべき人もいるかもしれない。

・趣味のゲームにたくさんお金を使ってしまったため(25歳 男性)
・趣味のコレクションに無駄遣いをしてしまった(38歳 男性)
・占いにハマって、お金を使ってしまった(49歳 女性)

<3位 ギャンブルで使ってしまった>
ギャンブルに依存し、生活費にまで手をつけてしまうという回答も少なくなかった。「生活費が苦しいからギャンブルで一発当てよう」といった思考に陥るパターンも見受けられた。

・ギャンブルにハマりすぎたため(23歳 女性)
・20代の頃、ビギナーズラックを信じてパチンコで給料をすべて使ってしまった。当時は家賃も携帯代も支払えなくなってしまった(37歳 男性)
・主にギャンブルです。スロットで負けが込み、払えなくなったことがあります(45歳 男性)

<4位 予想より請求額が高かった>
毎月の携帯電話のプランによっては、通信量や通話時間が増えたときに予想より請求額が多くなったという回答も目立った。また最近ではキャリア決済を使用する人も多く見られ、使用の際は毎月の支出を把握しておくことも重要だ。

・海外に行った際に使用したら、請求額が高すぎたため(28歳 男性)
・機種変更をしたときに通話かけ放題のプランに入らなかったため、何気なく使っていた電話料金が膨れ上がり、予算オーバーしてしまいました(30歳 女性)
・キャリア決済の使いすぎで、請求額が大きくなりすぎた(38歳 男性)

<5位 急な出費があった>
冠婚葬祭や急な事故、病気による入院などが発生したという回答もランクイン。いくつかの突発的な出来事が重なってしまったことにより、携帯代の支払いに困ったというケースも見られた。

・結婚式が重なり、お金がなくなってしまった(28歳 男性)
・「結婚式」「葬式」「自分の入院」が重なり、お金がなくなってしまいました(33歳 女性)
・ペットの病院代などが重なり、払えなくなってしまった(47歳 男性)

携帯代が払えなくなったときの対処法は身近な人への借入が最も多い

携帯代を払えないときの対処法

圧倒的に多かった回答は「家族・知人に頼った(103人)」。4位には「カードローンで借りた(24人)」がランクインしており、直近の危機に対して借入でしのいだ人が多かった印象だ。「節約」や「副業」などは支払いまでに時間がかかってしまうこともあり、ランキング下位の結果となった。

<1位 家族・知人に頼った>
借りた人だけではなく、「親に払ってもらった」「肩代わりしてもらった」という回答も見られた。一番頼みやすく安心できる方法を選択した人が多かったようだ。

・親に払ってもらった(28歳 女性)
・友人からお金を借りました(37歳 男性)
・携帯が不通になることは回避したかったので、恥を忍んで知人に頭を下げて貸していただきました(50歳 女性)

<2位 契約プランを見直した>
携帯電話の契約プランを見直して負担を減らしたという対処法もあげられる。契約の見直しについては「不要なオプションを解約する」「格安SIMなど他社への乗り換えを検討する」なども大切な選択肢だ。

・プランを変えました(24歳 男性)
・安くてギガ数が多いプランに変えた(27歳 女性)
・プラン見直しを行いました。電話でプランを見直したいと伝えると、オペレーターが見直してくれました(40歳 女性)

<3位 節約して携帯代を捻出>
今まで浪費や趣味に充てるお金が多くて支払えなかったという人には有効な方法。家計を見直し、計画的にお金を使うきっかけにもなり得る。

・趣味に使っていたお金を減らして携帯代にあてた(28歳 女性)
・欲しいものを我慢して携帯代にあてた(31歳 女性)
・食費を切り詰めて携帯代を捻出しました(46歳 男性)

<4位 カードローンで借りた>
家族や知人に借りられない場合は、カードローンで借りることも選択できる。ただ毎月のようにカードローンから携帯代を借りていると、返済に行き詰ってしまう可能性も出てくるので、契約プランや契約先の見直しから先に行うほうがよさそうだ。

・カードローンを利用してお金を借り、携帯の支払いにあてました(29歳 女性)
・カードローンでしのいだ(34歳 男性)

<5位 携帯を解約した>
解約しても未払いの料金は解消されることはないので注意したい。また料金未納を続けていると、自分から解約を申し出なくても強制解約されてしまうこともある。

・強制解約になった(36歳 男性)
・一時的に解約した(53歳 女性)

<6位 副業・アルバイトで収入を得た>
日々の生活費の節約が難しい場合は、副業やアルバイトをするという回答も見られた。たとえばクラウドソーシングなら、スキマ時間でできる副業を見つけやすい。また即日払いのバイトなら働いた日に給料がもらえるので、すぐ携帯代を支払いたいときにも有効な方法だ。

・副業した(32歳 男性)
・日払いの単発バイトを数回やって、お金を払いました(39歳 女性)
・強制解約にならないための支払期限を確認したうえで、単発の仕事で稼いで払いました(50歳 女性)

<7位 給料日まで待って支払った>
給料日まで携帯電話の契約を停止、もしくは支払いの延期をお願いするという回答も。ただし給料日まで時間がある場合、待っている間に携帯が利用停止になってしまう可能性もあるので注意が必要。また利用停止になると困る場合は、携帯キャリアに連絡して支払予定日を伝えたうえで、利用停止を回避できないか相談することも可能だ。

・給料日までは携帯がない生活をして、給料日に支払った(28歳 男性)
・請求書払いのときだったので、携帯が止まったまま給料日まで過ごし、給料が入ったら払いました(34歳 女性)
・次の給料日まで支払いを延期できれば延期して、2カ月分支払うこともありました(51歳 男性)

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

ページ上部へ戻る