2024年ヒット予測にもランクイン!肉と野菜を同時調理できる「レンチン調味料」が話題。開発背景を、キッコーマンの担当者に聞いてみた

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

注目のトピックスや新商品、画期的なサービスなど、今知っておきたいホットな情報をOneNews編集部がピックアップ!今回取り上げるのは、2023年8月に発売された「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」。各社から多種類が販売され、カテゴリー全体が盛り上がっている「レンチン調味料」の“今”を、「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」の担当者の話を踏まえ、深掘り!

「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油/黒酢酢豚」

【写真】ジューシー&ほくほくの「じゃがチキン のりバター醤油」が、レンチン1回で完成!


ーー「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」の想定ターゲットや、狙っているユーザー属性について教えてください。
コアターゲットは日々忙しく過ごす30~40代の女性です。準備する手間をなるべく省きたい平日の夕食に、簡便性だけでなく、手作り感・仕上がりの満足感・主菜としてのレパートリーを求める方にご提案するシリーズです。

ーー「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」のイチオシポイントを教えて下さい。
肉と野菜は火の通り方が異なるため、加熱ムラや食材が硬くなったりしないよう、通常は同時にまとめてではなく別々に調理します。特に具材感のある大きな食材ならなおさらです。

「ごちそうレンジの素」は、ゴロッと具材感のある肉と野菜を同時に電子レンジ加熱して、食材のおいしさを引き出すことができるシリーズです。蒸気で効率よく熱がかかる構造の電子レンジ専用パウチと独自配合のたれのダブルの効果で、「鶏肉はジューシー、じゃがいもはほくほく」など、それぞれの食材が持つおいしさを引き出します。

ーー「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」の開発意図・開発背景を教えて下さい。
新型コロナウイルス感染症の5類化以降、多忙な通常の生活に戻る中で、“タイパ”に代表される「効率性」が注目を集めています。一方で、日々の献立作りがお客様の大きな負担になっている現状は変わっていません。肉と野菜を組み合わせ、調味料としてパフォーマンス高く、日々の献立バリエーションを幅広く提供することで、お客様の悩みを解決したいと考え、このシリーズを開発しました。

ーー「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素」の開発にあたって苦労したことや開発秘話などがあれば、教えて下さい。
開発にあたってはトライ&エラーの連続でした。ゴロッと具材感のある肉と野菜を同時に電子レンジで調理をすると、食材によっては味が馴染まなかったり、好ましい食感にならなかったりと、食材ごとのおいしさを十二分に引き出せないことも多くありました。数えきれないほど試作と細かな調整を重ね、各食材の持つおいしさ・各メニューに必要な仕上がりを実現させています。

ーー「レンチン調味料」が日経トレンディの2024年ヒット予測にもランクインされました。なぜ今「レンチン調味料」が世間から注目を集めているのでしょうか。
まさに今、調理行動が変化の最中にあるからだと見ております。調理器具の発達やレシピの拡充などにより、電子レンジの用途が「時短」「加熱」「副菜」から、「本格」「調理」「主菜」へと徐々に変化しています。その背景には、「忙しい日々の中で手間は省きたい」一方で、「なるべく手作りを添えたい」「おいしく満足できる仕上がりにしたい」というお客様の思いがあると考えています。

変化の真っただ中にある「電子レンジ調理」をさらに主要な調理行動に推し進めるためにも、「レンジだからこそおいしく仕上がる」という価値を持った商品で、お客様の日々のお役立ちをしたいと考えています。

レンチン調味料が躍進中!

それぞれに工夫を凝らした商品がラインナップし、食品各社がしのぎを削る「レンチン調味料」カテゴリー。肉料理や乾麺のパスタもレンチンだけで完成する手軽さが受け、タイパやコスパを重視する層の支持を得ているという。週に1回以上夕食の支度をする女性を対象に行われた調査では、「市販のそうざいの素は、カレールーを使う感覚とほぼ同等(※)」 という結果も出ているという。
※2020年20~69歳・週1回以上夕食の支度をする女性5898人を対象としてキッコーマンが調査


レンチン1回でどの食材も同時においしく

すでに消費者に浸透した感のあるレンチン調味料の中でも、今、とりわけ注目を集めているのが、「生の肉と野菜を同時にレンチンできて完成する」タイプ。キッコーマンによると、加熱するほど固くなってしまう「肉」と、種類によっては芯まで加熱されない課題を抱える「野菜」とを同時にレンジで調理することは極めて難しいのだとか。それぞれの食材から出る水分や脂で味が絡まないなど課題が多すぎて、これまで商品化に至ることはなかったのだという。

そうした状況のなか、“独自配合の調味料”と“蒸気で効率よく加熱できる構造の袋” という組み合わせにたどり着いたことで、ついに商品化が実現。2023年8月、「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油/黒酢酢豚」の2品が発売された。

うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油

うちのごはん ごちそうレンジの素 黒酢酢豚


毎日のおかず作りに大活躍!

「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油/黒酢酢豚」は、ゴロッと具材感のある肉と野菜のおかずを、1回のレンチンだけで調理できる専用パウチ入りの調味料。

黒酢酢豚


それぞれの名称となっている「じゃがチキン のりバター醤油」「黒酢酢豚」がおいしく調理できるのはもちろん、他の具材を使ってアレンジメニューを作ることもできる。

例えば、冷凍むきえびとブロッコリーを素材に、「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油」を使って電子レンジ調理すれば、ご飯のおかずにも酒のつまみにも最適な「えびとブロッコリーののりバター醤油」が完成。

レンジで簡単!えびとブロッコリーののりバター醤油


同様に、鳥もも肉としめじを「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 じゃがチキン のりバター醤油」を使って電子レンジ調理し、茹でたパスタと絡めれば、子どもも大人も好む「鶏肉としめじののりバター醤油パスタ」を作ることができる。

鶏肉としめじののりバター醤油パスタ


また、キッコーマンでは、「キッコーマン うちのごはん ごちそうレンジの素 黒酢酢豚」を使うアレンジレシピとして、「とろ玉黒酢酢豚丼」を紹介している。同商品を利用して豚バラ肉(かたまり)、玉ねぎをレンチン調理し、できたてのスクランブルエッグを載せたあたたかご飯にかけることで、黒酢のさわやかな酸味が食欲をそそる丼メニューができあがるという。

とろ玉黒酢酢豚丼


2024年、ますます注目が集まりそうな「レンチン調味料」。店頭で見かけたら、手に取ってみてはいかがだろう。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る