【漫画】「カワイイ靴がなぜこんなに履きにくいのか…」おしゃれ心と痛みの葛藤に共感必至!

2021年4月9日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

自称、女子校出身の絵を描くことが好きな陰キャ・シブヤツキミさん(@shibuyatsukimi)。Instagramでは「女子校で黒歴史、作ってました」や「カワイイ靴がなぜこんなに履きにくいのか」、「陰キャVS服屋の店員さんあるある」など、思わず「あるある!」と言ってしまう漫画作品を投稿している。特に女性ファンは、「わかりすぎます」「めちゃくちゃ共感できて笑ってしまった」などと、シンパシーを感じずにはいられないようだ。

「カワイイ靴がなぜこんなに履きにくいのか」2/10


シブヤさんにインタビューし、漫画を描き始めたきっかけやお気に入りの作品などについて聞いてみた。

“ネガティブ”を楽しいネタに

シブヤさんがInstagramに漫画を投稿し始めたのは、2020年8月の後半。昔から、自分の描いた絵を誰かに見てもらいたいという思いはあったものの、何度もチャレンジをしては諦めていたそう。「今思うと、投稿し始めたころ、人生がうまくいっていなかったのかも。どうせうまくいかないなら、やっぱり絵描いとくか!って吹っ切れました」と話す。

「陰キャVS服屋の店員さんあるある」2/6


作品のテーマについては「基本的に普段考えている変なこととか、楽しかった思い出とか日常を描いているんですけど、Instagramでのフォロワーさんの反応も参考にしています」というシブヤさん。女性ファンが多いことから、女子あるあるネタがよく配信されているが、授業をさぼりたい大学生と策士な教授の攻防を描いた「絶対に授業に出たくない大学生VS絶対に出席させたい教授」など男女問わず「こんな経験したな~」と思える作品も人気だ。

「絶対に授業に出たくない大学生VS絶対に出席させたい教授」7/13


分かりやすさと客観性を意識して描いているという作品は、どれもおもしろさや楽しさもあって満足度が高い。シブヤさんは「私の根底は超ネガティブなので、描くときは楽しいことを考えていたい。読んでくれた誰かも楽しくなってくれたらいいなとか、私と同じような誰かを励ませるといいなとか、思っています」と語る。

「陰キャ、インスタを見て病む。」2/9


実体験ネタへの反響は想像以上

数々の作品のなかでも、シブヤさん自身が好きだという「陰キャ、インスタを見て病む。」は、本人が実際に大学生時代に感じていたことを描いたもの。陰キャラ女子がカワイイ人のInstagramアカウントを見て、ただただダメージを受けるという内容だが、「落ち込んだ経験も無駄ではなかった。楽しいネタにできてよかったです」と前向きなシブヤさん。

「陰キャ、インスタを見て病む。」9/9


もう一つ、お気に入りなのが実体験ネタの「カワイイ靴がなぜ履きにくいのか」。「足が痛くなると分かってはいるけどカワイイ靴を履きたい!」というおしゃれ心と痛みの葛藤から「今日はイケる!」という謎の自信が出てきて履いて出かけるも結局後悔する、という一連を描いた作品で、Instagramでは4万近くのいいね!が付くほどの反響があったという。

「カワイイ靴がなぜこんなに履きにくいのか」6/10


他にも、共学への憧れを抱きながら描いた「女子校あるある」や、美しい店員に緊張が隠せないエピソードの「陰キャVS服屋の店員さんあるある」などにも、たくさんの共感コメントが寄せられている。

最後に、シブヤさんは「いつも私の独り言を聞いてくださり、ありがとうございます。『なんか悩んでる人って訳わかんなくておもしろくね?』と思って、今後も見てもらえるとうれしいです」と締めくくった。

何気ない出来事を、ポップなイラストでおもしろく表現したシブヤさんの作品は、読めば気持ちがスッと楽になって、どこか前向きになれる。ちょっとした心の拠り所となりそうだ。

「カワイイ靴がなぜこんなに履きにくいのか」1/10


取材・文=重藤歩美(関西ウォーカー編集部)

この記事の画像一覧(全44枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る