【漫画】悪評だらけの口コミ掲示板に屈するな!営業女子11年の経験談エッセイがタメになる

2021年5月21日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地方の広告代理店で7年間、その後、求人広告の会社で4年間と、計11年営業職を経験したえりた(@erita_enikki)さん。営業職時代に遭遇したトラブルへの対処法や、ちょっとした営業テクを描いたお仕事漫画が「勉強になる!」と話題になっている。今回はそんな彼女に、それぞれのエピソードの裏話や営業職の魅力について直撃!

悪評が目に付く口コミ掲示板に悩むお客様。会社の印象を好転する方法とは?

介護施設長と口コミ掲示板に立ち向かった話/6

介護施設長と口コミ掲示板に立ち向かった話/7

「ネットは良い情報よりも悪い情報のほうがリアルさを感じるという悩ましい問題に、お客様と立ち向かった話です。匿名掲示板と違って、実際に勤務された方が書き込む『企業口コミ掲示板』は説得力があるんですよね…」と、えりたさん。とある介護施設の口コミを何とかしようと彼女が考えた提案は、“本音を語るような求人広告”を作ること。

介護施設長と口コミ掲示板に立ち向かった話/15

介護施設長と口コミ掲示板に立ち向かった話/16


フォロワーからは「その発想はありませんでした」「ここまで考え抜いて提案してくれる営業さんがいるなんて…(泣)」と、一人一人と誠実に向き合うえりたさんの姿勢に感動する声が集まった。

介護施設長と口コミ掲示板に立ち向かった話/24


本音を語る広告は好評で、スタッフさんや施設長にも良い影響があったそう。「お客様の『受け止めはしないけど、心の隅にとどめる』という考え方はすばらしいなと思いました」と語ってくれた。

モラハラ、セクハラなどの難しい問題も周りを頼って解決へ

いろんな人と接する機会の多い営業職は、どう対応するのが正解なのかわからないお客様に当たることもしばしば。今思い返せばモラハラだったかも…という、気難しいお客様の体験談も漫画で紹介している。

モラハラっぽいお客様がいた話/7

モラハラっぽいお客様がいた話/9

モラハラっぽいお客様がいた話/10

モラハラっぽいお客様がいた話/13


「ここだけの話ですが、お客様は会社に電話をかけてくるときに社名しか名乗らないんです。誰が電話をとっても『〇〇会社の▲▲様ですね、いつもお世話になっております』と言わないと怒る方で…。全社員に周知してもらうのに苦労しました(汗)」と、えりたさん。いろんなお客様がいるが、ビジネスパートナーとして対等に向き合うことも大事だ、ということを先輩から学んだという。

また、えりたさんが管理職になってから起きたセクハラを描いた話も反響が大きかった。フォロワーから「女性管理職だから狙われたんだと思います」と言われ、「たしかにそうかも…」とハッとさせられたそう。

取引先からセクハラを受けた話/10

取引先からセクハラを受けた話/14

取引先からセクハラを受けた話/20


「上司がいない立場だからこそ、つけこんでくるお客様がいるのかもしれないし、管理職だけでなくフリーランスや少人数で活動している方も気をつけないといけないですよね。いずれにしても一人で抱えず周囲に相談することが大事だと感じました」

一人では乗り切れない出来事ばかりだった。周りの助けがあってこそ

えりたさんがエッセイ漫画を投稿し始めたのは、2016年の秋ごろ。きっかけは、当時不妊治療で通院していた際、通院先の病院に来ていた若い女性営業さんを見かけたことだった。「営業職として奮闘している方にエールを送りたいと思い、営業職時代の経験談を投稿するようになったんです」と、えりたさん。

「私の漫画はほとんどが『誰かと共にした時間』を切り取っています。何か悩みやトラブルがあったとき一人で解決できたことはほとんどありません。誰かの考えにハッとさせられたり行動に勇気づけられたり…。ある意味『周囲を頼りながら成長する』というのが私の漫画のテーマかもしれませんね」

それぞれの10年。/5


えりたさんの考える「営業職の魅力」とは?と聞くと、「『視野が広がり成長できる』の一言に尽きると思います」との答えが。「私は求人広告営業を長年してきましたが、たくさんの経営者や働く方々の思いに触れ、世の中には誇りをもって仕事をしている人がこんなにたくさんいるのか、と知ることができました。もちろん営業なのでノルマはありますが、それ以上に仕事を通して心が震える経験ができるのは“営業ならでは”だと思います」と語る。

たった一枚の名刺で/5


仕事への思いを詰め込んだ漫画。頑張っている人へのエールも込めて

「もう5年近くSNSをやっているので、本当にたくさんのコメントを日々いただき大変ありがたく思っています」と、えりたさん。「えりたの絵日記」という営業職エピソードが完結した際、564件もの熱いコメントが届き、うれしさのあまりコメントを全て印刷したんだとか。今でもじっくり読んでいるという。

「家族にも友達にもあまりしてこなかった“仕事への思い”を、多くの方に読んでいただけて大変うれしく思っています。頑張っている方に寄り添えるような漫画をこれからも描いていきたいです」と話す。

現在はSNSでのエッセイ漫画投稿のほか、創作漫画・イラスト制作、書籍制作などをメインに活動中のえりたさん。営業職の人にはもちろん、それ以外の職業にも役に立つ考え方がたくさんあるので、ぜひチェックしてみて。

取材・文=江口琴音(glass)

この記事の画像一覧(全106枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る