優しくて論理的な髭の旦那にキュン♪夫婦の赤裸々な日常を綴る漫画が人気

2021年9月13日 11:29更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「髭」と呼ばれる旦那さんとの日常をノロケた漫画が、Instagramで人気を呼んでいる。作者は薬剤師として働きながら、漫画家としても活動しているB.B軍曹さん(@b.bgunso)。ネタが尽きることがない夫婦の日々について話を聞いた。

影の入れ方を研究して濃い顔を再現


戦争ゲームのオンライン対戦で出会った旦那さんとの結婚生活は、5年目。漫画では、B.B軍曹さんがうれしかったことや楽しかったことを中心に描く。「主に感情が動いた時のことですね。たまに腹が立ったエピソードもあります(笑)」。

なかでも、約2.9万いいね!を獲得した「夫にキュンとしたこと」は、B.B軍曹さんもお気に入りのエピソード。夕飯がデリバリー続きなことを謝るB.B軍曹さんに対し、「料理は何を食べるかも大切だけど、それ以上に誰と食べるかが大切」と言ってくれたのがうれしかったそう。

夫にキュンとしたこと(2)

夫にキュンとしたこと(4)

夫にキュンとしたこと(5)

夫にキュンとしたこと(6)


漫画内では、旦那さんは劇画のようなリアルさを感じるタッチで描かれている。「夫の顔はすごく濃いので、濃さを表現するためにわたしの顔とはイラストのテイストを変えて描いています。特に影の入れ方は意識して、何層かレイヤーを作っています」とこだわりを見せる。

顔もキャラも濃い「髭」にときめきが止まらない!


顔だけでなく、首や腕の筋など、旦那さんの作画はエピソードを重ねるごとにどんどんリアルに。「夫にも上手くなってきたと言われます。本人を観察しているというより、最近は在宅勤務でずっと家にいるので、否が応でも見ているってかんじです(笑)」。

以前から軍曹さんがお気に入りと話していた、デフォルメされた姿のちびキャラは、最近さらに登場頻度がアップ。「Instagramのストーリーで、フォロワーさんにちびキャラと等身大どっちが好きという二択質問をしたんです。6:4ぐらいでちびキャラが多かったので、この際そっちを増やそうと思って。SNSのリアクションは大事にしたいと思っています」と、読者の反応も取り入れているそう。

カップルにおける主導権の握り方(2)


ちなみに、漫画内では「髭」「軍曹ちゃん」と呼び合っている2人だが、実際には本名でお互いを呼ぶそう。「髭っていうのがキャラクターに合っていていいなと思って、漫画ではそうしています」。

コロナ禍の現在、在宅勤務となっている旦那さんとは、一緒にいる時間が増えて新たに発見したことも。「付き合っていたころや今までは思慮深く、聞き役なのかなと思っていたので、こんなにしゃべる人だとは思いませんでした。家でも外でも、こんなにおもしろい人だったんだと新たな一面を見た気がします。おかげで漫画のネタが増えました」。

母親にアカウントがバレて冷や汗をかいたことも


最近衝撃だったのは、Instagramのアカウントが身内に知られたこと。「妹には以前からバレていました。妹の友達が私をフォローしていて、妹のおすすめに表示されたことがあったんです。その時は顔出ししていなかったんですが、薬剤師とコンサルという夫婦の職業の組み合わせが珍しいのでわかったそうです。その時は、LINEで一言、『軍曹?』って言ってきました」と、当事者だと笑えないエピソードを明かしてくれた。

ほかの身内については、「母などは、Instagramでブロックしているんですよ(笑)。漫画を描いていることだけは言っていたんですが、どんな漫画かは伝えていませんでした」と、アカウントをひた隠しにしてきたそう。

だが、ついに今年の夏、アカウントを把握されることに。「最近の作品は内容がマイルドだけど、昔描いたものは見られたくないものばかり。すごい羞恥プレイですよね」と振り返る。普段のやりとりなど、夫婦生活を赤裸々に綴っている漫画だからこその悩みだ。

それでも、「フォロワーのみなさんのおかげで楽しくやれているので、漫画は続けていきたいです」と話してくれた。

夜のお誘い(1)

夜のお誘い(2)

夜のお誘い(3)

夜のお誘い(4)

夜のお誘い(5)


取材・文=上田芽依(エフィール)

この記事の画像一覧(全105枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る