【漫画】登校再開以来、初めて学校で一日を過ごせた!クラスでの劇にも参加/「息子が学校に行けなくなった理由」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

突然、学校に行けなくなった息子さんに関する体験を描いた漫画「息子が学校に行けなくなった理由」。花森はなさん(@hanamori_h)がSNSにアップしているこの作品が、同じような経験を持つ親などから共感の声を集めている。ウォーカープラスでは、同シリーズを花森さんのインタビューを交えて連載形式で紹介する。

成績に反映されなくても、テストで自分の力を確かめたい

支援教室への登校を続けるうち、学年全体のプールの授業などにも少しずつ参加できるようになってきた息子さん。塾にも再び通い始めて勉強への意欲を見せるようになり、31話では学校のテストを受けたいと宣言する。「学校に行けなくなるまではオールAの成績を目指してがんばっていましたが、4年生の5月ごろからテストを受けられていなかったので、かなり気にしていました。テストを受けたいと言った時には成績はもう決まっていましたが、成績に反映されなくても、自分の中で納得したかったようです」

息子が学校に行けなくなった理由(31-1)


学校では花森さんと支援教室の担当であるY田先生の二人三脚で勉強を教え、塾でも懸命に取り組んだ息子さん。特別に受けたテストの結果は、80〜90点台と高得点ばかりだった。「普通教室で授業を受けられていなかったのに、とてもいい点数でした。でも、教室に入れていないと、どんなに勉強を頑張っても成績はBになるんです。どんなに頑張っても認めてもらえないということで、その後、だんだんと勉強から離れていくきっかけになってしまいました」

息子が学校に行けなくなった理由(31-3)

息子が学校に行けなくなった理由(31-4)


Y田先生も、息子さんの頑張りを認めてくれていたという。「息子のことをかなり評価してくれていて、その後、学校にまた行けなくなった時期も、勉強に関しては心配してないから、あとからでも取り返せるよと言ってくれていました」

クラスではお楽しみ会が行われる。役者から裏方まで大活躍の息子さん

一方、普通学級の教室では、夏休み前にお楽しみ会が行われることに。息子さんもクラスメイトに誘われ、参加することになる。「最初はどうだろうと思っていましたが、以前、習っていた大太鼓で舞台に立ったこともあるし、このころは鍵盤ハーモニカをみんなの前で吹いていたし、人の前に立って何かをするのは、もともと苦ではないようです」

息子が学校に行けなくなった理由(32-2)


同じ班のU瀬くんが脚本を書いた劇で、息子さんは得意な鍵盤ハーモニカの演奏を任されたほか、さまざまな役割を担当。「4人の班なので、いろいろやっていました。劇では殺される役になり、人前でガッツリ演技していました。衣装もノリノリで作っていたし、紙粘土で小道具も手作りしていました」と楽しんでいたそう。

息子が学校に行けなくなった理由(32-3)

息子が学校に行けなくなった理由(32-4)


お楽しみ会の当日には、朝から放課後まで、すべての時間を学校で過ごすことができたという。「息子の行き渋りが始まった小3の終わり以来、初めてずっと学校にいることができました。私は劇をまさか全部できると思っていなくて、しんどくなっても周りの空気を壊さず退場できるように、ずっと廊下でスタンバイしていました。でもやりきりましたね。よかったです」と、花森さんもうれしそうに話してくれた。

息子が学校に行けなくなった理由(33-1)

息子が学校に行けなくなった理由(33-2)

息子が学校に行けなくなった理由(33-3)

息子が学校に行けなくなった理由(33-4)


しかし、この日をきっかけに、毎日付き添いをしていた花森さんが体調を崩してしまう事態に。だんだんと学校生活の楽しみを取り戻していく息子さんを、日々寄り添う母親の視点から描く「息子が学校に行けなくなった理由」。ウォーカープラスでは隔週で紹介していく予定なので、今後の展開を見守りたい。

取材・文=上田芽依(エフィール)

この記事の画像一覧(全133枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る