【彼は地雷男…?】恋人の「粗」が目立って悩む日々… 仕事や年収、家族関係を客観的に見てみることに

2022年6月24日 19:42更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
彼・ユウキが地雷男なのではと心配になるが…

一人暮らしを始めるにつれ、なにかと粗が目立ってきた恋人(ユウキ)。このまま付き合い続けて良いのか悩むまるさんは、彼について客観的に考えてみることに――。

ウォーカープラスで連載漫画を開始したのは、にほんブログ村「 コミックエッセイ 」ランキングでTOP10に入るなど人気を博している、元アルコール依存症のアラサーOL・かどなしまるさん( @marukadonashi )。発売中の書籍 「人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話」 では、新卒で入った会社で人間関係に悩み、「ダメだ」とわかっていながらも、お酒を飲んでから出勤するようになってしまった体験を描いている。
※アルコール依存症は完治しない病と言われています。著者の個人的な見解で、一番ひどい状態にあった過去と区別するためにタイトルで「元アルコール依存症」と謳っていますが、著者自身も自分の依存症が完治したとは思っていません。


今回紹介するのは、彼との“同棲を目指した日々”を描いた『“子ども部屋おじさん”の彼との同棲を目指した100日間』の第8話だ。ユウキの粗にばかり目がいき、悩むことが増えてきた本作の主人公・まるさん。


ユウキは営業職の会社員で、会社の人との付き合いは良好。タバコやギャンブルにも興味はなく、いたって真面目な性格だ。年収も同年代の平均程度なのだが、お金の使い方は少し気になる…。実家暮らしのため毎月家にお金を入れてはいるが、それ以外の余ったお金は「自分のお小遣い」という認識。貯金は考えておらず、多少高額なものを迷わずに購入する姿を、まるさんも何度か見かけていた。


また、実家での様子を見るに、家族とは良好な関係を築いていることは間違いない。少しマザコン気質な部分はあるが、それによって迷惑を被った経験はないので、特に困ってはいなかった。自分の部屋は使っておらず、睡眠もリビングでしているらしい。


こうして“客観的”に見ても、ユウキに問題があるわけではなさそう。それよりも、まるさん自身もユウキに「目をつぶってもらっている」ことがあるのだ――。


価値観が合わない場面もあるが、ユウキは地雷男ではない様子。一方、まるさん自身が抱える問題が浮かび上がっていた。

画像提供:かどなしまる(「 お酒がないと××できません 」/ @marukadonashi )

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全45枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る