KONAMIブースでは『eFootball 2023』オリジナル選手カードを作るべし【「東京ゲームショウ2022」初日リポート】

2022年9月16日 20:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

世界最大規模のゲームの見本市として知られる「東京ゲームショウ」(略称:TGS)。その最新回である「東京ゲームショウ2022」が、2022年9月15日~18日(日)にかけて幕張メッセで開催中。最新ゲームの試遊体験や、さまざまなステージ企画が実施されるなど、見どころ満載だった初日の「TGS2022」に取材参加して、気になったブースを紹介する。
※ビジネスデイ:9月15日~16日、一般公開日:9月17日(土)~18日(日)。入場にはローチケやチケットぴあなど各プレイガイドで購入したチケットが必要。


さまざまなゲームの試遊が楽しめる、「東京ゲームショウ2022」に設けられたKONAMIブース

本記事でピックアップするのは、ホール5で展開しているKONAMIブース。

こちらでは「スーパーボンバーマン R2」や「eFootball(TM) 2023」をはじめ、「遊戯王 マスターデュエル」、「遊戯王クロスデュエル」、「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!! いくぞ!ゴーラッシュ!!」、「遊戯王 デュエルリンクス」といった「遊戯王」シリーズの4作品を、試遊可能なタイトルとして出展しているのが特徴。

【写真を見る】「スーパーボンバーマン R2」エリアでは、ボンバーマンとのツーショット撮影も可能

これらはプレイするだけでオリジナルエコバックや、OCGカードといった参加賞がもらえるのもうれしいポイントだ。

ブースには魅力的なコンパニオンも!

また連日にわたり、豪華ゲストによる各タイトルの対戦プレイや、開発中の作品の最新情報をお届けするステージイベント(および配信)も予定されているので、試遊を楽しんだ後は、これらのイベントも合わせてチェックしたい。

「スーパーボンバーマン R2」の試遊エリア

ちなみに「eFootball(TM) 2023」のエリアでは、その場で撮影してもらい、自分の写真を使ったオリジナルの選手カードを作ってくれるサービスも実施している。

ブース内の撮影エリアで、カード用の写真を撮ってもらう

プリントアウトされたカードの他、データをダウンロードできるQRコードも提示してもらえるので、同ブースを訪れた記念に選手カードを作成してみてはいかがだろう。

待ち時間なし!オリジナルの選手カードがその場でもらえる

出展タイトルやステージスケジュール、配信などの情報は、「TGS2022」に合わせて用意されたKONAMI特設サイトで確認できるので、気になる人はこちらもチェックしてみてほしい。

取材・文=ソムタム田井

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る