完璧彼氏が事故で大怪我、病室で「別れたい」と告げたのは…?先入観を裏切る短編漫画に「泣かされた」【作者に聞いた】

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

誰もが憧れる“ヒーロー”のような自慢の彼氏。だがある日、交通事故で顔に大怪我を負ってしまう。「貴公子もこれでおしまい」とささやかれる中、彼女がかけた言葉は……。読者の予想を裏切る短編漫画にTwitter上で「泣かされた」「素敵」と感動の声が集まっている。

大怪我を負った恋人に、自分が好きなところを淡々と告げる女性。その真意に感動画像提供:赤信号わたる(@GoAkashin)

誰もがうらやむような恋人の「好きなところ」はどこ?真相が涙誘う

反響を呼んだのは、『ヤンキー悪役令嬢 転生天下唯我独尊』(コミックヴァルキリー)を連載する漫画家の赤信号わたる( @GoAkashin )さんが11月、Twitter上に投稿した「だから、彼が好き」という作品。

「だから、彼が好き」1画像提供:赤信号わたる(@GoAkashin)


「いーなーあんな格好いい彼氏」と周囲がうらやむ恋人がいる女性。恋人はお金持ちで成績優秀、学校のヒーローのような非の打ちどころのない好青年。そうした周りの評判に、女性は意味深な笑顔を浮かべていた。

「だから、彼が好き」2画像提供:赤信号わたる(@GoAkashin)


しかし、その彼氏は不慮の事故に巻き込まれてしまう。自動車に轢かれ一命はとりとめたものの、その顔には大きな傷が残ってしまった。

「だから、彼が好き」3画像提供:赤信号わたる(@GoAkashin)

女性は恋人の病室に見舞いに向かうが、二人の間に交わされたのは「別れたい」という無慈悲な会話。「私が好きなのはお金持ちで成績優秀で学校のヒーローのあなた」と、彼氏に対して女性は淡々と告げる。

だが、その言葉には続きがあった。「暗くていじめられっ子だった私を救ってくれた“学校のヒーロー”」と。

「だから、彼が好き」4画像提供:赤信号わたる(@GoAkashin)

「顔なんてあなたの一部にすぎない」と言い切った女性。彼女にとって、自分を助け出してくれた人だからこそ、どんなところも彼女にとっては好きなところだったのだ。うなだれる恋人を抱きとめ、「どうかそばにいさせて」と女性は優しくささやくのだった。

作品のどんでん返しと、作風のギャップ双方に反響

別れ話を切り出したのは女性ではなく、傷を負い引け目を感じた恋人の方だったという、先入観を逆手に取った仕掛けで読者の感動を誘った短編作品。

Twitter上では「愛だね~、素敵だ」「尊すぎる」と心を動かされたコメントや、「一コマ目から『顔』だけは自慢の中に入ってなかった」「あの子達わかってないわねぇのニヤッか」と、結末を知ってから読み返すと分かる仕掛けに気付くユーザーの声も見られた。

赤信号わたるさんは商業連載のほか、オリジナルの短編作品をTwitterやAmazon Kindleの無料電子書籍で数多く発表している。中でも人気シリーズの「全てを筋肉で解決する童話」は痛快で笑える内容だけに、本作との作風のギャップに驚く反応も目立った。

赤信号さんに話を訊くと、本作のアイデアは「視点の変化」にあったそう。「視点が変わると評価が変わるというのは現実でもよくあることなので、それをなんとか漫画にできないかと思い、いかにも裏がありそうな女性を主役にしてみようかと思って制作しました」と話す。

読者からの反響では、彼女の笑みの意味について考えるコメントが多かったのが印象的だったと話す赤信号さん。

「もちろん制作にあたっての自分の中での正解というのはあるのですが、物語は受け取った人の解釈がそれぞれ違って当たり前で、それら全部が正解だと思っているので、僕の方からは言及しないことにしていますが、どれもとても嬉しかったです」と、さまざまな感想が集まったことへの喜びを語った。

取材協力:赤信号わたる(@GoAkashin)

この記事の画像一覧(全85枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る