がん手術後の応急処置で鮮血が飛ぶ!見ていた夫にあとで聞いたら、本人が感じていたより怖かった【漫画の作者に聞く】

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

鼻づまりで病院に行ったら、突然「がん」と宣告された!2児の母であるやよいかめ( @yayoi_kame )さんが2023年3月に発売したコミック 「鼻腔ガンになった話」 は、そんな実体験を漫画化した闘病エッセイだ。お金や手術、副作用…さまざまな不安を抱えながらも、家族や周囲の人々と支え合って闘病生活を乗り越えていく。現在制作中というその続編について、ご本人へのインタビューとともにお届けする。

「声が出ない」異変に焦る!


※本作で紹介している内容や症状は、あくまで作者個人の体験や認識に基づくものです。症状で悩んでいる場合は医師・看護師等の専門家に相談してください。また、センシティブな内容を含むため、閲覧にはご注意ください。

手術後のパニックを、夫視点で見てみたら

がんの手術直後、包帯が喉に詰まってパニックになったやよい かめさん。あとで聞いてみると、当の本人より周りにいた親族の方が、見ていて恐怖を感じていたようだ。

続鼻腔ガンになった話 4話_1

続鼻腔ガンになった話 4話_2

続鼻腔ガンになった話 4話_3

続鼻腔ガンになった話 4話_4

続鼻腔ガンになった話 4話_5

続鼻腔ガンになった話 4話_6

続鼻腔ガンになった話 4話_7

続鼻腔ガンになった話 4話_8

続鼻腔ガンになった話 4話_9

お医者さんが来て、応急処置をしてくれることになった。詰まった包帯を取り除くが…。

続鼻腔ガンになった話 4話_10

続鼻腔ガンになった話 4話_11

飛び散る鮮血にご主人もびっくり。不安で仕方がない。同室の患者も含め、病室から退出を求められる。

続鼻腔ガンになった話 4話_12

続鼻腔ガンになった話 4話_13

続鼻腔ガンになった話 4話_14

続鼻腔ガンになった話 4話_15(第4話終)

入室の許可が出た。落ち着いたやよい かめさんの姿を見て、ご主人もホッとしたのだった。

自分で感じていたのと、外から見るのでは全く違っていた

このエピソードを描いたきっかけは、ご主人との認識の食い違いに興味を持ったためだった。「退院したあとしばらくしてがんの漫画を描き始め、応急処置のときのことを夫と話していたら、なんだか話が食い違っていて、『え?そんなに大変な感じやったっけ?』とびっくり。それで、夫から詳しく話を聞き直しました。本人としては、そのときは恐怖よりも『苦しくなくなったので一安心』と言う気持ちの方が大きかったです」

「そんなに出血してたんだ」というのは、改めて聞いて驚いたとのこと。「処置に結構時間がかかっていたことも意外でした。麻酔の影響がまだあったせいかもしれませんが、本人としてはあっという間の処置だと感じていたので」。当事者より見ている方が心配になるのは珍しいことではないが、トラブルはひとまず落ち着いたようだ。

取材・文=折笠隆

前シリーズをまとめた「鼻腔ガンになった話」が発売中

この記事の画像一覧(全74枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る